2018年8月14日火曜日

我が家のNGフルーツ

果物は
水分・エネルギー・ミネラル補給に良いですよ!

と前回申しましたが

一方で 我が家では食卓に出せない

NGフルーツ

があります


それは(ドゥルルルルル……)

・グレープフルーツ
・スイカを始めとする瓜系


「あ、そうなんだ」とピンと来た方も
いらっしゃるかと思います

( ´_ゝ`)


グレープフルーツが「高血圧の薬」の効果を強めてしまう
ことがあるというのは、割とメジャーな事実でしょう。


高血圧の薬、すなわち血圧を下げる薬にも
種類はありますが

「カルシウム拮抗薬(末梢の血管を拡げて血圧を
低下させる)」と言われるものの内 いくつかの薬は
 グレープフルーツを併用すると

薬の効果が本来よりも強く出過ぎる
   II
血圧が下がりすぎてしまう

ことがあります。


主な症状は
ふらふらしたり胸がドキドキする
頭が痛くなる
などです。

同じ現象は、スウィーティー・ざぼん・だいだい
などでも起きる可能性があるとの事。


「って事は、柑橘系はダメなんだねー」

と思いきや

オレンジ・レモン・かぼす・温州ミカン

などは大丈夫なんですよね。

ひとくちに柑橘系と言っても、成分はそれぞれ
違うもの。

薬剤師さんやお医者さんの言いつけは守りましょう。


スイカがダメ、というのは
食物アレルギー関連。

「ウリ科の果物は避けている」

という方には 意外によく遭遇します

スイカ、メロン、マクワウリなどですね。


勿論、他にも食物アレルギーはあります。


場合によっては

アナフィラキシーショックを起こす

という可能性もありますから、食材あなどるなかれ。


自分自身のNGフルーツ・NG食材を知って
聞かれた時にはきっぱり断る

周りの人は、その人がダメだと言った食材は
それ以上無理に食べさせようとしない

お互い そこはしっかり守っていきましょうね。

2018年8月11日土曜日

スポーツドリンクだけじゃなく

まだまだ35℃を超える日が「あるある」な毎日、の関西です

水分補給は 常に意識。

水、お茶、そしてスポーツドリンク系も常備。


……で、まあ それで行けてはいるんですが
やっぱりそれだけだと「何か、味気ないなあ」とか
思う時があるわけです。

そういう時に

くだもの!!!

が出て来ると テンション上がります♪
















この時期、スイカは定番。
あとは桃。 梨やブドウも出て来てます。

メロンは、お盆のお供えに登場する確率高し。


いずれも

・水分が豊富→水分補給にもなる
・カリウムが豊富→体内の余分な水分を排出して
         むくみを軽減

という 夏に嬉しい特徴があります。
天然の甘味は エネルギー補給に最適。


スイカに塩をかけて食べる方は
ミネラルも同時に摂取している事になりますね。
スポーツドリンクに負けず劣らずの効果です。
せっかくなら ちょっと良い塩を使っちゃいましょう。

カリウムやアミノ酸の一種である「シトルリン」は
スイカの(白い部分)に多く含まれます。
むくみ解消や利尿作用に効果あり。炒め物などで
上手に皮を摂取すると良いそうです。
赤肉スイカの色は、カロテノイドのβカロテンと
リコピンが含まれている証拠。抗酸化作用があると
言われます。


桃は食物繊維が多めで、お腹にも嬉しい。
カテキン類も含むので、がん予防効果なども言われます。


ブドウには ブドウ糖や果糖が特に多めなので
エネルギー補給・夏バテ予防に効果的。
皮にはポリフェノール類が多く含まれているのは有名。
アントシアニンですね。
デラウェアなどの赤ブドウには、レスベラトロールという
ポリフェノールの一種も含まれています。
皮まで丸ごと食べられるのが良いですね。

果物で 栄養と水分を美味しく補給。
朝ご飯や おやつの時間などに 是非どうぞ。