2020年1月25日土曜日

セルフヒーリングを試すのですが

以前 鍼灸整骨院でバイトをしていた時

手足に「これでもか」というほどのコゲ痕を作っている鍼灸師さんがいらっしゃいました

聞いたところ よく自分で自分にお灸をすると言う事で

それはスキルアップのためでもあり 自分の健康管理のためでもあるのですね


勉強&セルフケアという 一石二鳥である反面

お手軽 且つ シビアな人体実験にも思えたものです

(´∀`) ワガミ ヲ サシダス ソノ ユウキ


でもまあ 人体に関わる人って
多少なりとも そう言う事をせずにはいられないんだろうな…とも思います

ただ黙々と練習するだけでなく 自分で体感するのが必要な部分も大きいと思いますので


…と言う事で
今月の祐岳谷は「セルフヒーリング」を試しております


先日は

「自分に遠隔ヒーリングを施す」なる文章を見かけちゃいまして


えっ「自分」「遠隔」ってどういう事よ?
自分の身体は「ここ」にあるやん
それをわざわざ「遠隔できる位置」に置くの?自分はここに居るままで?

と言う 禅問答のような 哲学のような 妙な話になっておりますね

(たのしい)


ただ
リラックス出来る状況で実践を…と思って
お布団に入ってからやろうとすると

試す前に寝てしまって
成功も失敗もあったもんじゃないんですよこれが

(´∀`)

2020年1月21日火曜日

簡潔!(´∀`)

そろそろ花粉症の時期だねえ、と言う事で
相方は かかりつけの(例の)医者に行きました


「『(花粉症)始まったの?!症状出てる?』って聞かれた(笑)」

目をキラキラさせる医者の姿が目に浮かびます(笑)

ちなみに 近所では既に数人 症状が出始めてるそうで

(  ´ω`) タシカニ イチガツ モ ソロソロ ゲジュン ダシ


祐岳谷
「新型ウイルスの話は出ぇへんかった?」

相方
「出たで」


以下、相方が会話を再現してくれます


医者「あれもなあ〜、気ぃつけんとアカンなあ〜」

相方「ですよねえ。何(の薬)が効くかも分からへんし…」

医者「(薬は)無い!」


相変わらず簡潔です
(´∀`)


そうですね

発症リスクを下げるワクチンも未だ無いですし
ウイルスが原因の場合 罹った時は対症療法が原則


それをひと言で表すと

「無い!」

になるわけですよ


そもそも ウイルスに
抗生物質は効きません


しっかり食べて
睡眠をとって
手洗いうがい
人混みには(用が無いなら)出かけない

地道に感染リスクを下げるように 気をつけましょうね