2017年3月31日金曜日

「はなきん」と入れて変換したら「鼻筋」とか出てきて崩れ落ちる

2回目のプレミアムフライデーは

月末で
年度末で

( ´_ゝ`)


祐岳谷は 割と長い間 医療・介護の脇道を歩いているので
昔から「平日と土日祝」という分け方には
大した意味が無い生活パターンになっています

サービス業だとそれも普通ですもんね
有り難いのは
有給とか使わなくても平日休みがある事

手続き色々出来るのは 密かに嬉しいのです

(  ´ω`)


逆に 会社員や公務員やってる友達と話していると
「ああそういえば世間はそうだわ」
と改めて思い出す事もいろいろありまして

平日なんて会えないし
それでコッチが土日に仕事入ってたら
もうアウト

そういえば《はなきん》はすでに死語なの?
と今さらな疑問が浮かんだので 調べます

有り難い時代ですよ
ちょっとググればすぐ分かる


日本語俗語辞書」ってサイトがあって
    ↓
『花金とは「花の金曜日」の略で、金曜日の晩に遊んで(飲み歩いて)楽しむことを意味する。
これは週休二日制の導入により、土曜休日の企業が増えたことで、休日前の金曜の晩は遊びまわる風潮が出来たことから生まれた言葉である。
ただし、バブル時代が終わるとともにサラリーマンにこうしたゆとりがなくなり、花金も死語となっていく。』

死語だった(´∀`)


ともあれ今日で日本的ひと区切り

新生活スタートの準備は出来たかな
いきなり転勤とかの辞令かまされた人たち
大丈夫かな

緊張するけど
せめて1日1回は肩の力を抜いてリラックスタイムを

お互い テキトーにがんばりましょう
 ( ´_ゝ`)

2017年3月29日水曜日

チームワーク

春のセンバツもそろそろ佳境
勝ち残ってくるチームは さすがハイレベル

なんだけど

割とアレよね
誰かひとりだけがやたらと取り上げられて騒がれるチームは
なかなか 決 勝 ま で は い け な い

(  ´ω`)

やっぱチームプレーなんですよねー
あのスポーツはねー

特に その抜きん出た実力を持つ選手ひとりに
頼るようではヤバイです

豪腕投手然り
強打者然り

やっぱりみんながそれぞれ切磋琢磨
助け合いフォローしあいって大事

高校野球に教えられるオバハンです


人体も
それぞれ独立した役目がありますが
単独行動は無理 チームプレーが大切

どこかに頼りすぎたら
頼られた部分は遠からず
オーバーワークからの不調に悩む事になります

そうなった時は 頼った側だって無事じゃいられない
どこもかしこも 不調のとばっちりをくう事になる

とばっちり?
いや自業自得?

分かりやすいのは胃や肝臓でしょうかね

例えば胃
勢いに任せて食べ過ぎれば
いくら持久力を誇る胃の筋肉だって
延々続く消化活動に疲労困憊

胃もたれ発生
食欲ダウン

続く小腸で
必要な栄養が吸収出来なくなりますよ
しんどいね

そして肝臓
「俺は酒強いんだぜいくら飲んでもへっちゃらだぜ」
とか言ってるお兄ちゃんの肝臓
それがどれだけ必死こいてアルコールを分解してる事か

肝臓は沈黙の臓器
自覚症状が出た時はかなりヤバイのです

肝臓がダウンしたらどうなるか
知っておろう?

( ´_ゝ`)

人体そのものは
絶妙なチームプレー=バランスをとって動いています

それについつい頼ってしまうのは「あなた自身」

つまりは暴飲暴食・不摂生をし過ぎずに
自分の体をいたわってあげましょう、と
言うこと です

2017年3月27日月曜日

今年ももうすぐ新入園児のギャン泣きが聞こえてくる( ´ω`)

我が家の向かいに保育園が出来て 何年経ちましたか

まだそんなに年数は行ってないけど
すっかり地域に馴染んだ感はあります

大して広くはない(失礼!)園庭で
わちゃわちゃと運動会の練習をしたり
夏祭りをしたり
たまにはちっさい消防車がやって来て
園児たちのテンションが上がってたり
園長先生の園内放送が近所に聞こえまくる事も時々あって
またその内容がツッコミどころ満載な時もあって

退屈しませんね〜

(  ´ω`)

その場所は
「もしかしてパチンコ屋でも出来るんちゃうか」
と思っていたエリアだったんですね

保育園が出来ると分かった時には
「良かった良かった」と 相方と話をしていたものです

だって
子供達の 羨ましいほどに溢れまくるあのパワー
あれが身近に感じられるのは幸せです

ちょっと「お賑わしい過ぎる」と思う事もあるけど
それも含め あのエネルギー量が純粋に
羨ましく感じる程度には年を重ねたようで

お年寄りと幼稚園児・保育園児の交流は
良きことだと思ってる祐岳谷です

世代間交流ってのもあるし
エネルギーの有効活用的な意味合いにおいても


今年の大阪 桜の開花は
4月になってからの予想になっていますね
入社・入学・入園式に桜があってくれるのは
華やかでよろしいなと思う程には日本人

保育園に新入園児がやって来るのももうすぐ
毎年必ず 最初の1〜2カ月はギャン泣きしまくる子がいてて
それも春の風物詩ですよ
(保育士さんご苦労様です)


ハイリハイリフレ背理法
色々矛盾もある世の中だけど
めげず 打ちのめされず 頑張りすぎないように頑張って
マイウェイをしっかり歩んで行ってほしいものです

おおきくなれよ( ´_ゝ`)

2017年3月24日金曜日

「サロン」で検索すると「サ○ンパス」が引っ掛かる

整体師なんていうお仕事を
させていただいてる祐岳谷ですが

やってもらうのもめっぽう好きです

そんなこんなで 時々サロン検索するのですが
そうすると

HISAMITSUさんのあの有名な湿布が延々と表示されるという罠

( ´_ゝ`)


自分の筋肉は「凝りやすい」質のようなんですけど
ここ数年来の寝る前ストレッチ
地味に効いてきております 有りがたい事です

たとえば 
ギックリ腰にならなくなった
マッサージをしてもらう時間も短くなったし

……セラピストさんの側からしたら

「いやまだ固いよ?」

と思われてる気も大いにしますけど

まあその度合いが今後もじわじわと
マシになっていけばヨシなのではないかなーと


 疲れの全てをお手軽な気持ちで
セラピストさんに取ってもらおうとすると大変

いやセラピストさんが疲れてしまうとか
そういう事だけじゃ無く

「全てを人任せにした時の代償」…ってのを
考える事がある 今日この頃


自分では出来ない事”だけ”を
周りの人に助けてもらってたお婆ちゃん

ある時 ちょっとコケてしまって
それからしばらく しんどかったようで

本当は少ししんどくても
リハビリを兼ねて自分で動く方が良いんだけど
やっぱり“しんどい”は“メンドイ”につながります

自宅ではダンナさんに「自分でやれ」と
スパルタ対応されていたらしいんですけど

それもあって 余計に施設では周りに頼るようになって

そんな状態だと 施設ならなおさら
スタッフもついつい手伝うんです

親切心とか以外にも
時間とか手間とか 色んな理由で


そうこうする内に
お婆ちゃんの「人頼み」はエスカレートして
体は元通りに戻っても
すっかり周りの人をアゴで使うようになって

(´・ω・`)  ナニガ ヨイノカ ワルイノカ ワカンナイケド...

その方とは会わなくなってしばらく経つけど
どうされてるかな〜…と ふいと思い出す事があるのです

2017年3月23日木曜日

そう言えばリケジョの姉は昔バイテク関連の学部に行ったんだった

こないだ届いた放送大学のテキスト3冊
ひとまず 分からないなりに
最初から最後まで目を通してみようと思って実行中です

そして発覚

「生命分子と細胞の科学」っていうお題の科目が


超ヤバイ
(´Д` )

3冊の中で一番薄いのに
めちゃ読むのに時間かかります

って言うより
4ページ進むごとに脳が拒否反応を示します

7月のテストの日程を見て
「あっこれなら試験会場行ける」とか
そんな事を最優先にしちゃったからな〜

開いてみれば いきなり専門科目
後悔先に立たず 後の祭り状態ですよ

ですが全てが自己責任の社会人学習
「何とかせねば」と自分を追い込む感もハンパ無い

(  ´ω`)


学費は自腹
何よりもそれが
「やる気」を湧き起こさせるっていう現実

文字通りゲンキンなモンですけれど

もうこの際何でも良いや
とりあえず
「全然分かんないよ手も足も出ないよ!」から
「何となく分かってきた」のレベルまで
自分を引き上げたいのです

2017年3月21日火曜日

解せぬなら実験してみよホトトギス

つぶつぶなぶつぶつの件は
もしかしたらそろそろ第4コーナー

最初に行ってみてた皮膚科では
ひたすら保湿そしてステロイド併用
出来るだけ綿手袋していなさい

だったけど

通院2カ月目

「これひょっとして方向違うんじゃ?」

と思い始めたらもう止まらない

基本的に
ステロイドも必要なら受け入れる祐岳谷
いわゆる現代医学も
《使えるところは使わせてもらうよ!》ですし

実際 現代医学で助けてもらった事は数知れず


でも塗りながら観察していると

やっぱコレ要らないんじゃないの?

と感じるようになって 
3月に入ったところで
以前にお世話になった事のある皮膚科へGo☆

いわゆるセカンドオピニオンです
比べて初めて分かる あーこの先生はやっぱり良いわ

「良い」っていうのは
《この先生はステロイドを使わない》とか
そういう事ではなく


症状と 患者と 向き合う姿勢 が、です
医者も人間 患者も人間
これ忘れるべからず


「あーステロイドのほうは塗らないで」
「ヒルドイドだけ塗ってね」
「どうにも酷くなるところがあったらそこだけステロイド」

ハイ(`・ω・´)

言いつけ通り実行します
手袋は手の保護というよりも周囲の保護のため
塗った後数十分だけはめておいて

あっコレで行けてんじゃん♡

と言う感じにはなったんですけど

ある時 ふと思う
コレもう《塗れば治る》とちゃうんちゃうん?


もともと 東洋医学の視点から体質を診てもらうと
いわゆる「水毒」とか言われたりしてたし
何て言うの ほら 解毒ちっくな何か

けれど 美容ガーとか美肌ガーとかいう話ではないので

雑誌に載ってるようなビミョーなデトックスとか
そういうのは違うんですよ むしろヤバイ

それならきっちり診てもらった上で
我が身で実験してみようホトトギス

(  ´ω`)


運良く さほど遠くない所で
漢方のお医者さんを発見

思い立ったが吉日

そもそも東洋医学好きなので
これ幸いとホイホイ受診します
半分趣味な部分もあって
(モチロン診察は真剣)

この15年くらいの間で
漢方専門のお医者さんにかかるのは3軒目

漢方医って面白い共通点がありますね(個人の感想)


さて漢方の先生は

「こんなの簡単!」

と つぶつぶの原因と対処法を言われ
あっまさかと思ってたけどソレですか?的な話に


「今日からやってね!」

あっハイ

モチロン 漢方の処方もされて
処方箋持ってった漢方薬局で
更に詳しく教えて頂きました

水毒ってのはやっぱりそうみたいですね

と いたく納得

薬剤師さんの説明がこれまた丁寧(´∀`)
とっても助かる

と言う事で漢方的な視点からの対応開始


イザ 治療と言う名の人体実験(真面目です)

2017年3月19日日曜日

超お薦めサロン(´`*)

この春
気功整体、っていうジャンルの施術をしてくれる
個人サロン
セラピー整体・えみさんが
宝塚に移転&新装スタートなのです

何度か施術していただいてるけど
とにかくソフトで
やってもらってる間は ほとんど痛くも何とも無い
むしろ《気持ちいい》が 99%以上

なのに終わると
不思議と楽になってるっていう

(  ´ω`)

人間の持つエネルギーってすごいな!
と思わせてくれる施術は
体験してみて損は無し♡

4月から本格稼働
めっちゃステキで癒されますよ
「女性限定」なのでヨロシク(´`*)

2017年3月17日金曜日

日記や手紙が何百年も経ってから人目にさらされるっていうアレ

思い返せば
昔からとにかく(どうでも良い事を)
書き散らしている祐岳谷です
(現在進行形)

20代前半くらいまでは断続的に日記を書いてまして
姉が大学生で下宿している間は
姉宛てに手紙を週1ペースで書いてましたし
10代の頃は
海外文通などにもはまって兎に角あれこれ書いてまして

ですが

数年前
姉が『部屋を整理してたら出て来たよ』と見せてくれたのが

当 時 の 手 紙 の 束 by 祐岳谷

Σ(´□`;)


ド下手くそな絵もあちこちに描いてあって

何この公開処刑っぽいシチュエーション

と 己の黒歴史を呪ったものであります


そしてきっとそれらは今も姉の部屋のどこかにある
(恐怖)


芸術家とか文豪と言われた人達とか政治家その他
何らかの形で歴史に残った人物の手紙やら日記やらが

「発見されました」「初公開されました」

とかニュースで取り上げられているのを見聞きする度に

ああ……お気の毒に……

と思ってしまう自分は何なんでしょうね


文化的価値とか当時の風習が分かるとか
歴史的意義とかも分かるのですが

特にプライベートなアレコレの書簡は

そっとしといてやってよ

と思う事もしばしば



昔の日記はだいぶ処分しました(はず)

あとは手帳なんですが
ここ10年分くらいは保存してあるんですよね
こちらは色々と生活の記録的意味もあるので
あっさりポイとは捨てられない

ブログ?ええやってますよ 3つ4つは

匿名でですけどね


この瞬間にも想像以上のスピードで蓄積されていく
生きている人々の活動や思考(や嗜好)の記録は
クラウド的なところにどんどん集められて
巨大な積乱雲になっていってるんでしょうかね

でももし 電気が無くなったら
それらも一瞬で文字通り雲散霧消
紙に書かれたものは何百年経っても
その一部であれ生き残り続けるかもしれないけれど


1と0で記録された膨大なデータの寿命は
さてどのくらいのものなんでしょう

2017年3月14日火曜日

All you need is LOVE

イベントのお客さんは基本的にみんな初対面
一期一会で これも楽しいものです

そして一期一会だからこその
貴重なひと言をいただいたり
「そうだよな」と膝ポンな事に気付いたり

ありがたい事ですわ〜

(  ´ω`)


リラクゼーションマッサージのイベント会場に
お二人そろって来てくれたご夫婦

さきにご主人をさせて頂きます

お話していれば
仕事の苦労話なんぞもちらりと出て来たり

ついでにぼやきも

「ヨメさんにやってもらっても
痛いばかりで楽にならへん」

あー……分かります何故そうなるのかは


後から奥さんをさせていただけば
やっぱり 肩の話になりまして

「主人の肩、固かったでしょ?」
「仕事柄仕方ないですよね?」


何のかんの言いつつ
体が資本な仕事をしているご主人を
心配してるのが伝わってきました

愛ですよ愛

(´`*)

ただ

「私が主人の肩を揉んであげても
痛がるばかりでねえ」

ですよねー

固いのは否定しないんですけど
「あ、固い」と思うと
ついつい力任せにやってしまうのはよくある事


疲れたしんどいって言うからやってあげるのに
頑張ってやっても感謝されないから何だか徒労に終わって

残るは虚無

こんな事で夫婦愛がゴリゴリ削られていくのは
勿体ない事ですよ


と言う事で ちょっとアドバイスさせて頂きました

ご主人の肩と
力比べしなくて良いですよ

ご主人には

今日もお疲れさまでした
そうね立ちっぱなしのお仕事だもんね疲れるね
でも頑張ってくれてありがとうね
ハイハイ

と言いながら
肩をさすってあげてくださいな


奥さん
「疲れたアピールされるんですよね」

あーそれは

俺今日も頑張ったよ
ねえそうでしょ
褒めて褒めて

っていう気持ちの面も大きいと思うんで
それを認めてねぎらってあげてみてはいかがかと

奥さん
「なるほどー やってみます♡」


フィジカルな疲れは
私たち セラピストや整体師にお任せください

でも メンタルな疲れは
家族だからこそ癒せる…という事も多いんですよね

All you need is LOVE

想う気持ちをもってなでてあげるのは想像している以上に ものすごい効果を発揮するんです

2017年3月13日月曜日

今のあなたがいちばん若い

そろそろ 動脈硬化というモノとも
仲良しになっているはずの年頃な祐岳谷です

相変わらず最高血圧が
100mmHgを余裕で下回るので油断してますけど

(  ´ω`)


動脈硬化というモノは
酷くなれば 危険度が高いので要注意

ですけど

動脈硬化という現象そのものは
「経年変化」

年齢を重ねれば大なり小なり起こる事
白髪が出て来るのとかと同じ事


「年相応の」と言われたならば神経質になりすぎず
でも油断は禁物ね!くらいな気持ちで行きたいモノです

気にしすぎてストレスを溜めても良い事無いですから

要らぬストレスは血管にもよろしくないとか何とか


肉体的には「経年変化=劣化」かもしれないけど
人間はそんな単純なモンでもない

「経年変化=熟成」なんて部分もありますし


あるよね?(同調圧力)
 

天に召されるその瞬間まで
成長できる可能性があるのが人間

だからこそ「もうトシだから」と
言い訳するのはもったいない と思うんです


いくつになっても 今のあなたがいちばん若い
そんな自分と仲良くしたいものですね

(  ´ω`)

「若い頃は〜」と比較して嘆くのは ほどほどに
いくつになっても 気持ちは若く行きたいものです

2017年3月11日土曜日

世間をなめてかかれば自らの首を絞めると何度やれば

放送大学の教材その他一式
そろそろかなと思っていたところに

一式「来ちゃった♡」

一式の一部
  ↓

ものすごいコンパクトな箱で届いて
やや拍子抜けしましたけども
開梱して出て来たモノを見れば恐怖と驚愕の嵐

 ( ゚д゚ )

いやスンマセン正直ちょっとなめてました
テキストパラパラめくってみたら

濃ぃいぞ この中身

3科目でもアップアップしそうな予感ですけど
これは100%自業自得 違った自ら選んだ道

問答無用

とりあえず読もう

2017年3月10日金曜日

ホメオスタシスの維持にもコストはそれなりにかかってるはず

人間が健康でいられるのは
「ホメオスタシス」という仕組みが働いてくれているから

などと聞く事はありませんか〜?



ホメオスタシス
和訳したら生体恒常性

そう言われても

いっこも分からん

( ´_ゝ`)


ざっくり説明しますと

「外部の環境が変わっても
体の中の環境を一定に保って
生命を維持するしくみのこと」


たとえば
暑くなれば汗をかいて体温を下げ
寒ければ手足の毛細血管は細くなって
体温が逃げていくのを予防し
ついでにガタガタ震えて筋肉で熱を作ろうとします

ただしそれらは筋肉や血管や汗腺が
勝手に判断してやっているのではなく
皆さんおなじみ「自律神経」が
指令を出して調節してくれています

自社ビルを持つ会社の中でたとえれば
メインコントロールルーム 或いは社長室から
各部署に抜かりなく内線が引かれている状態


「自己治癒力」なる言葉も
ホメオスタシスとは繋がりが強いですね

たとえば 怪我をしたら治ろうとする
子供の擦り傷切り傷の治るスピードの早いこと

オバチャンはあの若さが
めっぽううらやましいものです


風邪を引いた時とかにも実感しますねー

対症療法として薬を飲んだりもするわけですが
体内に入ってきた風邪の原因菌
(またはウイルス)と戦うのは 己の自己治癒力

つまりは白血球が
菌やらウイルスやらと死闘を繰り広げるアレです


怪我した時にたまに出て来る膿とか
風邪を引いた時に出て来る痰とかも
菌やらウイルスやらと白血球の戦いの結末

敵味方入り乱れの死屍累々の その塊
(合掌)


白血球は「免疫」機能の代表格
交番や派出所を拠点に
街をパトロールしてくれているお巡りさん的存在
自社ビルを持つ会社の中だったら
さしずめALS○Kとかの警備員と言ったところでしょう

常に社内をくまなく警備
怪しいヤツはすぐにふん縛れ



もう一つ 忘れちゃならないのが「ホルモン系」
ホルモンは体の中でつくられて
体のさまざまな機能を
コントロールするという大役を担ってます

体の各部署に「指示を出す」という点では
自律神経とよく似ていますし
実際 自律神経とタッグを組んでいる事も多い

わけですが

指示の仕方は自律神経と違うんですね
これが面白いし 良く出来てると思うトコロ

自律神経は電気信号
内線電話で担当部署に
ボスが直接指示を入れるから早い早い

ホルモンは指示書=書類
ボスが発行した指示書は
廊下(=血管)を通って担当部署に届く

内線よりは少し時間がかかります けど
廊下は共有出来るから
一度に何枚もの指示書を持って行って
それぞれの部署に投函すれば良いんです

どっちの指示方法にも利点があって
人体はそれを上手い事使い分け
(また時には併用して)指示を出し
ホメオスタシスを維持している


「自律神経」「ホルモン」「免疫」
この三つが24時間365日淀みなく
バランス良く機能していれば 日々健康

なんだけど


私達の体は常に様々なストレスに曝されているわけで
ストレスはホメオスタシスのバランスを崩そうとしてくるもの

まあ適度にある分には良かったりもするのですが
何事もモノには程度というものがあり

ストレスが強すぎたり
あまりにも長期間続いたりすれば
体内は常に臨戦態勢非常事態

休息するヒマなく対応していれば
いずれ自律神経もホルモン系も疲労困憊

そうなれば免疫機能だって無事ではいられない
そして体調不良へと転がり落ちてしまいます


業務量はほどほど が理想なのですよね
常に全力100%は辛いものです
現実社会の日々でも ホメオスタシスの維持でも

ストレスかかりすぎ=過労はよろしくない
ヤバそうだな〜と思った時には
一旦立ち止まり 内部点検することをオススメします

2017年3月8日水曜日

在庫一掃セール

まだ「真冬並みの寒さ」がやって来たりしていますが
季節は間違い無く春ですね

春分の日まで2週間を切って
だいぶんと太陽も高く上がるようになってきました

本当の「真冬」の時期に
体から熱を逃がさないようにと
固く締まっていた体が 緩む時期

土の中でじっと寒さに耐えていた種や
蕾のままでひたすら暖かくなるのを待っていた木々が
春になると一斉に芽吹く

ゆるんで 一気に上へと伸びる

人間もそんなサイクルがあると言うのが整体的な人体観


やたらと眠かったり 妙に肩が凝ったり
そんなのも体が緩んでくるのと関係してたりするんですね


それからこの時期にひく風邪
インフルエンザは辛いし御免被りたいところですけど

季節が冬から春へと変化する流れの中で
「風邪を引く」のは

冬の間に溜め込んだ老廃物や余った栄養分などを
体の外へ出すという意味では「良い事」と
考えられたりもします


薬で風邪の諸症状を抑え込もうとしすぎず
しっかり寝て水分と必要な栄養分を摂って
よろしくないモノを体から追い出す
そうすると 結構その年は
元気に過ごせたりもするそうですよ

(  ´ω`)


「風邪を引いても休めないあなたに」 ではなく
「風邪を引いたらとにかく休め」になろうよニッポン

(`・ω・´)

もう一つ
「冬の間に溜め込んだモノを外に出す」時に
起きる現象には

別に何の原因も思い当たらないのに
いきなり下痢になる

というのもあるようですね


いきなり来て
がーっと一通り出て
あとはスッキリ

風邪がらみでお腹を下した時はしっかり養生したほうが良いし
ノロやらロタやらサルモネラやらが原因のは

 食 中 毒 そして 感 染 症

ですので

放っておくとエライ事になるし人にもうつるから
それはキッチリ対処する方向で


今年は久しぶりに「いきなり下痢」がやってきました

ガツンと出たらそれで終了
まさに腸内在庫一掃セール的なノリで
次の日に風呂に入ったら

おぉ汗の出が良くなってるやないかい

これで今年は
そこそこ元気に過ごせるかなと期待してます

ただし不摂生とかしたら一発アウトなのは変わらず

いくら気持ちは永遠の23歳くらいでも
体はさすがに若い頃のようには行かないので

日々自分に言い聞かせている 戒めの言葉

2017年3月7日火曜日

クラックをクリックしたら電気が走った

久々にキムチを食べたら
下顎から側頭にかけて

キーン!!

と電気が走ったんですよ


「えっキムチが?」と思ったけど


以前に麻婆豆腐でキーンときて
虫歯が発覚したことがあったので

覚悟を決めた次第です


昨日の今日で
善は急げ
これ以上 痛いのイヤですからね


まずは歯科衛生士さん

「どうされましたか」

実はこーでこーでキムチ食べたら痛かったんで

と説明しましたけど


キムチはスルーされました

( ´_ゝ`)


痛みがあるかどうかをチェックされます
かなりピンポイントでギーンと来る
はいそこですソコ

「そうですかー」


次に歯医者さん登場しました


同じようにチェックされて


んー何も無いみたいやねんけどなー

コンコン カリカリ

医者
「すき間出来てるかな」
「詰め物が外れかけてるかな」

そう
問題の歯は以前に他院で詰めてもらっているところ

年が経つと歯と詰め物の接合面にすき間が出来る場合がある

……前にもあったなー このパターン

結局

「麻酔して詰め物削って
 外して詰め直して様子見ます」

あっハイ☆


幸か不幸か中に虫歯は見つからず
つまりは知覚過敏の類らしいとの事でしたけど

詰め物と歯の間にすき間が出来てきてたのは間違い無いんで
(  ´ω`) ヒトマズ コレデヨシ ト イウコトデ


コンクリート製のビルの壁に出来る
「クラック」みたいだなー…と
帰りの電車の中でぼんやり考えてました


クラック つまりは「ヒビ」
ヒビが入ればそこから侵入できるモノも出て来るわけで
ビルなら雨水が代表的
ただし 雨には様々なモノが溶け込んでいますよね

クラックから様々なモノが溶け込んでいる水分が侵入すれば
壁の傷みは加速して
その内 壁の一部が剥がれて落ちる


詰め物と歯の間に出来るクラックにも
様々なモノが溶け込んだ水分が侵入する

云々


何はともあれ

詰め直して症状が落ち着けば一件落着
ダメなら次の手 それはお任せするしかありません

どことなく
「しょーがねぇなあ」
という風情で治療してくれる行きつけの歯医者さんですけど

無造作に処置しているようで手際良い
めっちゃ早い
麻酔も上手い
あれはすごい


それとキムチには
異常を知らせてくれたという事で感謝しておきます

クラックは放置すれば悪化する
虫歯になる前で良かったと思う事にいたします

2017年3月6日月曜日

メンテナンスが止まらない

年明けからこっち 比較的時間に余裕のある毎日だった

わけですけど

そういう時に限って
メンテナンスが止まらない


時間があるからメンテに勤しむという向きもありますね
オーバーホールは人間にも必要ですし
ただ

歯医者はあまり好きじゃないんですよね

(´・ω・`)

ふた月前の定期検診で
確かに怪しかったのは怪しかったんですよ
だけど決定打に欠けたので

「もう少し様子みてみてくださいね」

と言われて 様子をみていたんです

そして やっぱり怪しいと思った本日
決め手は


噛みしめたキムチが歯に染みた


気合い入れて 明日歯医者に行きます
(`・ω・´)


幸い、皮膚のぶつぶつは一旦通院終了しましたし
 (保湿は継続)

階段から落ちた影響もほぼ消えました

そういえば整形外科は行かずじまいでしたね
筋繊維断裂とか腓骨にヒビとかくらいはあったかも

ギリギリのところで
あっちこっちへの「かけもち受診」は回避していますけど
メンテナンスはもう少し続く予想です

まあ メンテ・チェックで早めに不具合を発見して
治したほうが 結果的に医療費かからずに
シャンシャンで済む事も多いであろう、という事で
(  ´ω`)

でも

歯医者はあまり好きじゃない(泣)

2017年3月5日日曜日

迷走迷惑

小学校の朝礼で 校長先生の話が長くてクラクラ
立っていられなくなり グンニャリ倒れる生徒

「採血しますね」で針を刺されて
ふうぅ〜と目の前が真っ暗になる人

トイレで用を足した直後に
ゴロンドンと崩れ落ちる

どれもこれも神経のいたずらですね

もちろん 場合によっては
いたずらでは済まない事態にも

そんな困ったいたずらをするのが迷走神経

もうね
名前がね
「迷走」じゃないですか

ものすごく漂う「いかにも」感

(´Д` )

なんでそんな悪さするのよ と言いたいところですが
迷走神経は迷走神経で頑張っております

で その頑張りが迷走して
迷惑な結果になる事もあるらしい


1を聞いたら5教えてくれる
クリニックの先生に聞いてみました

曰く

迷走神経のいたずらで倒れる時は
バターンと勢い良く倒れる事は無く

昔あった

「土台の底を押すと
 その上の人形がくにゃっと崩れ落ちる 」

あのおもちゃ
あんな感じでへなへなとその場に倒れ込む
それが定番なんですよ


「小学校の校庭だと周りに何も無いでしょ?
 だから特に怪我はしない」

トイレだと色んなモノがあるからね
 そこに頭ぶつけると大事になったりするわけ」

身近に潜む危険はいっぱい
でも その危険を全部取り去るのは
これまた無理な話でして


それよりも

くらっときた特に慌てて立ち上がらない

立ち上がらず 頭を低い位置に保って回復を待つ
これ最優先だそうです


そんな目に遭わないのが理想ではあるけど万が一という事はあるので
頭の片隅で覚えておいたら
我が身を守ってくれるかもしれない
そんなTipsでした

2017年3月4日土曜日

「なるほど」と言いかけて「イヤそれちゃう」と気付くなど

ヘッドマッサージを受けている女の人が
頭痛の話をしていました

時々頭痛しますよ
肩こりもあるし
頭痛持ちなんですよね

それを聞いて
ヘッドマッサージをしているほうが話しかける

頭痛の出やすい部分ってありますか
あ〜なるほど
肩こりも影響してますよね
緊張型頭痛って言うのがあるんで
それっぽいですよね

ヘッドマッサージを受けている女の人が返して言うには

そうそうそうなんです
私って緊張しやすい性格なんですよね


オイ待て
それちょっとちゃう

( ´_ゝ`)


テレビを観ていたら
肉体美のステキな女性が数人
一人ひとり やっているスポーツは違っていて
ジムで鍛えた系の人は色白

一方で サーフィンがめちゃ上手いという女性

MCが語ります
「アピールポイントは綺麗に日焼けした筋肉……」

確かに良い焼け方をしているし ツヤツヤ☆

と思いかけて
ふと気付く

日焼けしてるのは肌だよな
筋肉はその下(内側)だよな


そんなツッコミで日々が過ぎていく


平和です


2017年3月3日金曜日

リフレクソロジー

リフレクソロジーと言えば
「足裏」を連想する人が多いと思われます

ただ リフレクソロジーは日本語で言えば「反射療法」
そうそうReflex=反射が語源と言うか
まあそう言う事ですよね

なので、足のリフレクソロジーも在り
手のリフレクソロジーも在り
耳とかその他 結構多種多用で
これが面白かったりするんですよ

(  ´ω`)

「反射区」なるものの考え方は
基本的には皆同じですね

ツボが「点」で攻めるのに対して
リフレクソロジーは「面」

指や手の平で圧されるのが気持ち良い

そして疲れているところは
すぐに発見されるのが面白いですし
それは「当たっている」


耳は自分でも触りやすい部分
個人的にかなりオススメです

とりあえず耳の外縁を揉んであげると良いですね
目疲れ肩こり背中の凝り
そんな症状にかなり効きます

目疲れは耳たぶ
オススメです
まあ騙されたと思ってやってください

2017年3月2日木曜日

真っ直ぐ vs. 最適化

生き物の適応能力というのは大したものです

それは人間も同じような感じでして


テニスプレーヤーの利き手側の腕は
逆よりしっかりしてるし少し長い

マラソンランナーは細い

スプリンターのほうがガッチリしてますよね


仕事でも 長く同じところで同じ職務で働いていれば
職務の特徴に合わせて体に「クセ」がつきます

体の左右をバランス良く使う仕事なんて滅多に無いので

直立不動の立ち仕事も……まあ皆無とは言いませんけど
少なかろう

(  ´ω`)

先日立ち寄った
リラクゼーションサロンのセラピストさん曰く

「長年事務職をやってはるお客さんの体には、
『ああ事務してるんだな』っていう形と凝り
染みこんでる感じなんですよね」

あーわかります その感じ
きっと整形外科で「ストレートネック」とか言われてて
肩も前に巻き込んでる感じで
肩や背中や腕の張りとか ね

ある意味 それは職務に対して体が最適化した結果
「姿勢が悪い」とか言われる形ではありますが
仕事では それがベストパフォーマンスを出せるのかもしれない


「そう考えると たまに違う仕事に転職するのもアリですね
使う筋肉変わりますし」

身体のクセの初期化みたいな話ですね
ただ気をつけないと給料も初期化されるので慎重に

2017年3月1日水曜日

その1分をケチっていたらランチ代を失っていたやもしれぬ

3月になったら振り込もうと決めてた
放送大学の学費&入学金
さっそく銀行でお金を下ろして
窓口で振込手続きを……

と思ったんですけど

少し落ち着こうと一旦座り

振込用紙についていた案内を再読

手数料が
銀行から振り込んだら864円
コンビニなら108円

あっぶなーいーーーー!!
 ( ゚д゚ )


と言う事で無事に手数料108円で手続き完了
背後のゲートは 遂に閉められました