2017年4月25日火曜日

あばれる米袋

今日は小さい子供さん持ちのお母さんと話すチャンスが2回
ついでに
そんなお母さんの肩もみなんぞをさせてもらうチャンスも2回

まだ時期的に ずっと一人で歩かせる事も出来ず
立たせてもすぐに「だっこー!だっこ!」になるだろうし

市バスなんぞで時々見かける ベビーカー持ったお母さん
バスに乗る時にベビーカーを畳んで片手で持ち
子供はもう片方の腕で抱きかかえ
あらゆる荷物はリュックサックそして肩掛けカバン
買い物したらそれに加えてスーパーとかのビニール袋

以前は逞しいなあと感動したりもしたけど
もう感動してる場合ちゃう

重い営業鞄持って歩く営業のおっさんなんかよりも
何倍も過酷な状況よ


時々見かける「子供を抱っこ」の的確な喩え

10kgになった子供を抱っこするのって
10kgの米袋を抱えるよりもハード

そうなんだよな
考えてみれば

米袋は動かないが

子供は全力で暴れる

(  ´ω`)

そんなお母さんの周りだけ
月レベルの重力場を作り出してあげたい

地球の1/6になったら
だいぶんと楽ではなかろうか


そんな事を思いながら
だがしかし
そんな超能力は持ち合わせてないので
肩周りを少々マッサージさせてもらうわけですよ

良い姿勢のまま「だっこ」するってのも なかなか難しい
どうしても猫背っぽくなる
そして胸と肩腕を繋ぐ筋肉が縮まったままになる
そうじゃないと「だっこ」を続けられない

確かに筋肉はついて逞しくなってるんだけど
やっぱり自由に動かせない分 辛いだろうなあと

あの肩周りのこわばりと逞しさは
全力で我が子を守る母親の愛情と努力の結晶

なかなか自分のために使える時間は無いだろうけど
時々は お母さん達も自分をいたわる機会を
積極的に持っていただきたいものだと
しみじみ思った 4月の下旬