2017年5月3日水曜日

腎臓 @ 体内水道インフラ

その昔
透析室に勤務してた事があって(看護助手)

それが何か 色々な始まりだった気がする

もともと人体は好きだった
透析室の前は義肢装具関連だったので
そこで筋骨格云々の基本を教えてもらって

中途半端なマニアの道へ

( ´_ゝ`)

それはさておき

腎臓の話

血液透析 人工透析は
ざっくり言えば
腎臓がうまく機能しなくなった人の治療法で
まさに「人工腎臓」の役目を務めるダイアライザーで
体内の余分な水分と老廃物・不要物などを取り除くという具合

腎臓は
体内の水分量の管理と浄化が担当業務の一つ

インフラっていうので言えば 間違い無く水道局
綺麗な水も使った後の水も担当

って事で 個人的にイメージは下水浄化センター
「これは一旦ろ過しなさい」と決められている成分を血液から濾して
「まだ使えるもの」は体に戻し
本当に不要なモノだけを膀胱→尿道経由で外に出す

腎臓が担当するゴミ処理は「水に溶けるゴミ」だから
ゴミ分別の時には水分が必要なのだけど
濾過してゴミが分別されれば その後に
体に必要な量の水はキチンと体内に回収される

そうそう 再吸収ってやつ
一旦持ち出された水分の実に99%が 再吸収されるそうな

1日の尿量はだいたい1.5〜2ℓとかだから
逆算すれば 腎臓が1日に一旦濾過してる水分は200ℓ近くになるって事で

えっ 二度手間?
いんや アレはめちゃ良く出来たシステム


「一度ガッと取っておいて 後から戻して 適量になるように調整する」

っていう二段階システム
我々でも無意識に 日常で結構使ってる手段

2ℓ入るでかい計量カップで大鍋から1.5ℓのだし汁を取る時
お玉でちまちま大鍋からだし汁をすくって計量カップに入れて1.5ℓにするよりも

計量カップを大鍋にガッと入れて
とりあえずガッとすくって
それから多過ぎる分だけをちょぼっと大鍋に戻す

たいがいそのほうが早いやん?
そうだよね?(強制)

まあ個人的には
そんなイメージで理解している
 (ややこしいかな)


そんな腎臓の働きが悪くなれば
余分なモノを取り除けなくなる訳なので
色々不具合が出る事になる

腎臓に備わっている「濾過装置」は
基本的には寿命が来るまで十分もつのだけど
糖尿病とか高血圧とかで劣化が急速に進めば
エラいことになるんで

とりあえずは定番の
「生活習慣を整えよう」なワケですよ

バランス良く食べ
しっかり睡眠を取り
適度に運動

これが全ての基本だぁね(  ´ω`)