2017年6月22日木曜日

薬を見るのは楽しい

医者で処方された薬は
「おくすり110番」というサイトで
内容を確認するのが楽しい
(ハイパー薬事典のページ)

薬局でもらう「あなたのお薬は」的な紙は
割と簡単な内容にとどまってる事も多く

「あともう一押しの説明を!」とか思う時に
このサイトに行くと
ああなるほどそういう意味か と腑に落ちる事も多い

他にも
「へーそんな病気にも使ったりするんだ」とか
新たな発見があったりして面白い

さらに

放送大学で人体や医療に関連する講座をとってみたら
化学反応とかイオンとか
生体内での物質の移動の方法とか

そんな事を改めて(ざっくりとだが)理解出来るようになって
 
そうしたら
「薬理」のコーナーが何となくわかるようになって

面白さ倍増

例えば 胃酸を抑える薬の薬理のところに

「H+、K+_ATPase」
「プロトンポンプ」
「ATP」

とかの用語が出て来るが それらが薄らと解る

たとえ薄らとでも 解ってくると

薬を開発している人達も
色々な苦労と試行錯誤をしながら
頑張ってくれてるんだなあ

と 感動っぽい気持ちに満たされたり

(*´ω`*)

新しい事を知ると
今まで見てきたものの さらに奥が見えてくる

薬を見るのも 楽しいという日々