2017年6月29日木曜日

筋肉は伸び縮みしてナンボですから

肩が凝ったり 脚が疲れたりするのは
多くの人に見られる事ではあるのだけど

凝りやすい人とそうでもない人がいてるように
凝り・疲れの「とれ具合」的なものにも
結構な個人差があるなと 施術の度に実感する

凝りや疲れの とれやすい人 とれにくい人

体を動かす習慣がある人は 圧倒的に
「とれやすい」

逆に とれにくいのが 体を動かす習慣の無い人
体格とか男女差とかは あんま関係ない気がする

面白いのは
今は特に何も運動らしき事はしていないと言う人でも
「以前に」やっていた人は やっぱり割と
「とれやすい」んだな

体は「覚えてる」んだよな

(  ´ω`)

筋肉は伸びたり縮んだりして働く

縮んでお仕事
伸びて休憩

程良く体を使って 程良く伸び縮みさせておくと
いわゆる「筋肉の弾力」がキープしやすい

ゴムは何度も伸び縮みしていると弾力が落ちて劣化して切れるけど
筋肉はンな事ぁ無い

むしろ 伸び縮みする事で
筋肉にしっかり血液が届く

血液が届くと言う事は
筋肉に必要な酸素や栄養が運ばれて
筋肉から出された不要品 すなわち
二酸化炭素やいわゆる老廃物が回収される

しっかり食べて
食べたら出す
筋肉も人間そのものも
このサイクルが上手く回っていれば元気なのだよ

フィットネスへ通えとか
ジョギングを始めようとかは言わないんで

まずは寝る前のストレッチだけでもしようじゃないの

みんな 日々仕事やその他もろもろで忙しい
その上 時間があればSNSとかでスマホにかじりつき

現代人は 筋肉をリラックスさせる時間が少ないはずなのだ
リラックスするにはストレッチが手っ取り早い

と言うワケで
まずは寝る前ストレッチのススメ、なのですよ

( ´_ゝ`)