2017年9月30日土曜日

役割分担と助け合い

出張整体でヘッドリラクゼーション

常連さんのお客さんに施術でしたよ


終日 パソコンとにらめっこという方

そして

デスクワーク主体だけど
今は肉体労働もオプションで付いてますという方


頭・首周り・そして肩
見事なまでに それぞれの仕事の特徴が出てて

大したモンだよ人体は

(  ´ω`)


違う業種・職種へ転職した事のある方なら
実感済かもしれない

仕事内容によって体の疲れの出る部分が
全く変わってくる という事

デスクワークと立ち仕事
黙々作業と接客仕事


負担のかかるところが違ってくる
そして体は しっかりその役割分担をしている

だからわりと
「触らせてもらったら分かる」んだよね♪

でもそれだけじゃない

体は全てが<つながってる>から
どこかに負担がかかれば
他の部分も助け船を出す

そうやって 体にかかる負担を
うまく分散させてるってのもあるなあと

素晴らしき助け合い
見事なまでのコンビネーション

だからこそ
「ヘッド」リラクゼーションだけど
肩周りから腕なんかまで
出来るだけまんべんなく施術させて頂く次第

日々頑張ってはる体だからこそ
できる限りの癒しを提供したいなあって

いつもついつい 張り切ってしまうのだ

2017年9月28日木曜日

ネクストメルマガセットオッケー

月2回発行を目指してスタートしたメルマガは

次が3回目

人間や微生物なんかの不思議あれこれを
ちまちまと書いていきたいなあと思ってるのに

なぜか話題はビタミンの方向へ行ってて

大丈夫かなコレ

┐(´-`)┌


3回目は10/1に出すと決めて
配信予約がやっと出来て ひと安心

マニアック&雑学的なメルマガですが
よろしければ一度どうぞ
(  ´ω`)

2017年9月25日月曜日

「自動/手動」と「現実/幻想」

故障中の自動ドアに出会うと

ちょっと楽しい


自動ドアを手で動かす時は

「科学技術に勝った!」

という よく分からない優越感が ふつふつと

……湧いてこない?



夜間などに運転が止まってるエスカレーターも

かなり楽しい

「止まってる」って分かってるのに

乗ってみると勝手につんのめって転ぶ

あの現象が めっちゃ楽しい

<故障エスカレーター現象>
または
<壊れたエスカレーター現象>

という正式名称がついているのにも笑った

「エスカレーター=動いている」と
脳はすっかり思い込んでいるために
「ほら、止まってるやんか」と
いくら視覚がとらえていても
体は勝手に「いつもの」「動いている」エスカレーターに乗る動作を起こしてしまい

コケる☆


 脳の「思い込みパワー」も 相当なものですよ

ある意味 幻想が現実を凌駕する

( ´_ゝ`)


そうであるはずのモノが
ありえない動きをする

動くはずのものが
動かない

腹を立てるよりは
笑っちゃえるほうが
楽しいんちゃいますか

2017年9月23日土曜日

便乗実験半年経過

全ては
手のつぶつぶがキッカケ

気付けばオーガニックだった件は
別に オーガニックというのを
意識してやったワケではなかったが


いつだったか
セラピー整体・えみさんのブログ

「キレイな水と良いお塩で化粧水♪」
的な記事があったのを、ある日唐突に思い出し

この春頃から
やってみる事にしたのだった


毎日 顔に化粧水は使うので
その時当然 手にも化粧水は付く

どーやったって付く(手袋すれば別だけど)

と言う事で
効果は分からないが
特に害も無かろうという事でスタート


水に塩を溶かして作る
コレつまりは生理食塩水的なやつだよね

濃度0.9%の食塩水
これだと浸透圧が
人間の体液と同じだっていう

医療関係者にかかると
「生食」と略される

「なましょく」じゃないよ「せいしょく」だよ

そういえば病院勤務だった頃は
しょっちゅう 生食の袋を目にしていたな

アレがあったら手っ取り早いな とか
ふと考えてみたり
(医薬品だよNGだよ)
 
(  ´ω`)

ちょうど岩塩が余っていたのでやってみた
NaCl以外も入ってるから良さそうな気がして


濃度はわりと適当だけど
病院勤めだった頃の朧な記憶を頼りに
でもやっぱり大雑把に(味見

使ってみた印象は

「何となくオハダが落ち着く気がする」

さすが体液模倣の液体とでも言いますか

刺激全くナシ
汗疹の痒みも落ち着いたりしたし
顔以外にも活躍してくれてます

濃度が濃すぎると
しょっぱかったり
顔が逆にパリパリするので要注意だが

( ´_ゝ`) ...計りなさいよ

食塩水塗った後は油分でフタします
これでOKじゃあ〜りませんか♡


基本的なスキンケアはしたほうが良いと思ってるけど
美白とかには さほど関心も無く
化粧も「出来ればナシで生きていきたい」人間

そういう人間には これで結構イケてる感じ


そんな具合で半年ほど経過しましたが
特に何かが悪化してる風でも無いし
指にもよろしいっぽいので

今しばらくは これを活用していく所存

2017年9月21日木曜日

そろそろ2学期開始

先週の台風の前に

届きました












放送大学のテキスト

今回は調子こいて4科目


バイオサイエンス的な科目を1学期に受けてからの
初歩からの生物学

取る順番がおかしい気もするけど
自由に選択出来るコースを選んでるんだから

まあええやろ(  ´ω`)


高校生物を放棄した自分なので
再度 生物学を一から学び直すのも意義在る事かと

だいたい数ヶ月学んだところで

生物学の
生き物たちの理(ことわり)の
全てが分かるワケが無い

こうしている時にも
専門の方々は

まだまだ知られていない

発見されていない

解明されていない

生命たちの謎や不思議やあれこれを
色んな視点から研究しているのだ

壮大な話ですよ考えてみれば

そうして分かった事柄の片鱗を
効率良く学べるというのは
大変に有り難く 楽しい事だと

たいがいエエ年になってから
実感出来るようになりました

m(_ _)m

2017年9月19日火曜日

点検のたびに頭蓋骨を開けるわけにはいかない

おかげさまで 給湯器の動作異常は

今度こそ直った・はず☆


改めて修理に来てくれた業者の人は

今回のような動作異常は ちょいちょいあると言っていた

ケースによっては

勝手にお湯張りが完了してたりもするなども

(  ´ω`)


電子回路とか基板とか

言うなればその機械の中枢である部分

これがエラーを起こすと 何かと困る


人間でも同じだな
上記に一番近いのは 脳そして神経系統
電気(信号)で動くのもソックリだ


判断して指示を出して全体をコントロールする部門

コレがうまく働かないと

いくら他のパーツが正常でも
本来の目的達成のための指令とは
違った指令が来てしまうから

「アレ?」というような現象が起きることになる


給湯器なら すぐに分解してみれば良いけど
人間だと そうも行かない事が往々にしてあるよね


最近でこそ 人体のトラブルシューティングも
かなりノウハウが蓄積&進化してくれているので
それはそれで大変に有り難い

3Dスキャンで体内を見られたりする事とかね

点検の度に頭蓋骨を開けたり
お腹切ったりしなくて良いのは
本当に助かる事ですよ


20世紀だった頃は

お医者さんその他医療関係の方々は

今よりももっと

「なんでやねん…_ノ乙(、ン、)_」

とくやしい事があっただろうな


それもきっと 本当に僅か数十年前のこと

2017年9月16日土曜日

これでも鳴ったらオカルティですわよ

先月末頃から

1週間おきくらいに

給湯器の操作盤が真夜中に

ぴろりろん
ぴろりろん
ぴろりろん
ぴろりろん

と分散和音で鳴り響く現象が始まった


真夜中なので結構うるさく
ついつい自分だけ目覚めてしまうので

何となくくやしくて 相方も起こす

(とばっちり)


操作盤の電源オフ状態でもいきなり鳴るのだ

文明の利器は時折 超常現象と紙一重


3回ほどそんな事が起こったので
ついに修理を頼み

操作盤内のマイコンのどーたらのエラー

だと業者さんが言って

操作盤一式を新品に交換


やれやれと思っていたのに

それから数日後の今日


夕方にいきなりまた

ぴろりろん
ぴろりろん
ぴろりろん
ぴろりろん


直 っ て な い

(´Д` )


よりによって
台風接近中の
連休初日の
こんな日に

唯一幸いだったのは
今回は操作盤がエラーコードNo.を表示してくれたので
本当は何がダメなのか が判明したらしい事

どのみち今日はもうどうにもならんので
風呂はパス
明日は銭湯
(やってるかな台風だけど)


10年選手の給湯器なので
そろそろガタが来てもおかしくない
改めて振り返れば もしかして
雨の日とかの湿度高めの日に誤作動なのか

湿気がマイコンのどーたらに悪影響という可能性
なきにしもあらず

人間だけじゃなく
機械も湿度には弱いという話…なのだろうか


とりあえず また真夜中に起こされるのは困るので
 おおもとの電源(コンセント)を抜いた


これでも鳴ったらもうオカルト沙汰

文明の利器の問題じゃなくなるので
ドキドキヒヤヒヤしてる次第

2017年9月13日水曜日

漢方のお医者さんがおもしろすぎる

ただいま更年期真っ只中
頼りにしているのは漢方医

という事で

定期的に漢方医にかかっている昨今

何だかんだと言って 今回で4軒目

漢方のお医者さん

医者も人間
個性は様々

患者との相性もある

まあそのへんは
漢方医に限った話じゃないけども


漢方は
「病気そのもの」じゃなくて
「患者その人」をじっくり見る

証を立てる、とか言うアレですね

その時に行われるのが「四診」
問診 切診 望診 聞診

問診はやっぱり基本
患者側が
「こんなしょーもない事喋ったら怒られるんじゃ…」
と思うような話の中に 思わぬヒントも隠れてたり

切診は触診に相当 脈とお腹を触診されました
脈のとりかたは独特で
何でアレで分かるんだろうと 毎回感心する次第

望診は言わば視診
舌診は望診(または切診)の一分野
どこでも必ず見られます

聞診では 患者の話し声もチェックされてるよ


漢方薬の処方でも
医者の個性が出たりする
医者それぞれに
「お気に入り」の漢方薬があるようで

帰宅して 相方に

「『僕、加味逍遙散はA社とB社の二種類から
選んで使うんですよ』って言われてコレ出された」

と報告すれば

「何それ(笑)何の違いがあるのん」

と 一笑に付されてですね

( ´_ゝ`)

一般にはなかなか理解しづらい事もある
漢方治療の世界

たいへん 面白うございます

2017年9月11日月曜日

回る回るよ大阪環状線

ワケあって最近

週3ペースで大阪環状線に乗るようになった

こんなにコンスタントに環状線を使うなんて
何十年ぶりかのことですよ


今までは せいぜい月に2・3回だったので

ぐるぐる回るから環状線
外回りと内回りは「どっちがどっち」と少々悩む

左側通行ってのがポイント


ビミョーな罠(?)も仕掛けてあるからね

環状線だからって ボンヤリ乗っていると

時々サイクルから飛び出して

奈良や和歌山などに連れて行かれるから気をつけて


あと

環状線だからってボンヤリ乗っていると

いきなり天王寺や京橋で終わっちゃうんで

それも気をつけて

(  ´ω`)


最近は 人間社会の色々なモノが

人間の体内の色々なモノと似ている気がしていて


循環器系が物流システムで

神経系が通信ネットワークで

環状線はさながらATPサイクル かな


ぐるぐる周りながら 社会を動かしている「人間」のエネルギーを

必要なところへ供給している、みたいな


職場へ向かい 働き 色々な社会のシステムを動かし

家へ戻って 休息をとり 次の日のエネルギーを蓄える

人間の生活サイクル


ぐるぐると回る事も 大切な事なんだろうな

2017年9月9日土曜日

味噌汁と卵とじとチャーハン

我が家の朝食は和食
味噌汁とご飯とサラダと適当に果物

実家の定番も和食だったな
味噌汁とご飯とサラダと納豆

なっとう

(  ´ω`)


卵はスーパーで安売りの時に買う
安売りデーは毎週○曜日と決まっているので
我が家には卵が定期的に仕入れられるという
算段になっている のだけれど

消費ペースはバラバラで
ウッカリ余ったりする事もしばしば

しかし 毎朝卵焼きを作るなどといった
マメな習性はござんせん

どちらかと言うと 困った時の卵頼み
オムレツっぽい卵とじだったり
かき玉汁っぽい卵とじだったり
あと まれにゆで卵


チャーハンは男の料理と世間では言われたり

ワタシが作ると ベチャベチャになる率が高く
ついた名前が

ベチャーハン

なのでなるべく 相方に作ってもらう

米も具材もコンロ周辺に飛び散るが
味はさすがに宜しいのです


味噌汁と卵とじとチャーハン
これらの共通項は

「余った食材を使い切るのに便利な献立」
 いわゆる残飯整理的なアレですわ

余り物をあれこれ入れておけば
何となく栄養バランスもOKな気がするのは
時々 本当に気のせいだったりするけども

気にしな〜い
(´∀`)


余所様のお宅の便利献立
どんなのがあるのかしらん

ちょっと気になったりするのです

2017年9月7日木曜日

ばべらないばべりますばべるばべるとき

地元の友達から「バベルの塔展行かん?」とお誘いが来た

春は関東でやってたのは何となく知っていたけど
あららいつの間に大阪で(7月からやってます)

バベルの塔と言えばあれよ

人間がバビロンで
天まで届く塔を建てようとしたら
神様が怒っちゃって
人間の傲慢を打ち砕くため
それまで一つだった彼らの言語を
バラバラのゴチャゴチャにしちゃった
 
とかいう話
 
 
そのせいで という事も無かろうけども
 
言葉というのは ときどき難儀だなと
 
 
一つの言葉でも
時間が経つにつれ
色々な意味がくっついてきたりする
 
明確な一つの意味を持っていたものが
だんだん飾りたてられ ぼんやりしてくる
 
便利な時も多いけど
そのせいで悩む人とか出て来たり
 
 
遺伝に関しての言葉が改訂されるそうで
 
それは良い改訂だ と思うものもあり
うーんそう言う意味だっけ? と思うものもあり
 
まあ専門の方々が一生懸命考えて
「より良くわかりやすく誤解を招かないように」
と頑張ってくれているはずなので
 
まずはじっくり一通り目を通し
 
も一度読みながらじっくり考えて
 
自分の中に落とし込んで理解する
 
そんな時間を作ってみるのも おすすめ
 
 

2017年9月5日火曜日

まもなく第2ラウンド

無事に第1学期の単位は取得
そして第2学期の受講科目を決めて

申請

9月になって 本日














科目登録決定通知書というのが届いた

これには学費の払込票もついてる

さあ払え
さっさと納めよ

今回は少し欲張って(当社比)
4科目登録

締めて4万4千円

元は取るぞ
 (`・ω・´)

2017年9月3日日曜日

油断大敵

昼間はまだけっこう暑いけど
「酷暑」からは解放された昨今


日が出ている間はエアコンも使いたいぞ!

という御仁はまだまだ多かろうと思われる

もちろん 熱中症の危険は依然としてあるので
適温にクールダウンしていただくのは推奨

ただし気温が落ち着いてきているので
相対的にエアコンの効きがよろしくなってる

つまり

ウッカリしてるとすぐに冷やしすぎる

というのがこの時期の落とし穴


我が家では相方が 早速やらかしましたよ
エアコン付けっぱなしで ぐぅぐぅ昼寝
タオルケットは掛けてたけど
起きたら

「なんだか胃がおかしい」

冷やしたな(´Д` )


日中は確かにまだ暑かったりするけど
暑さの質はすでに変わってきてるからね

今まで通りでは冷えすぎる
服装も空調も
微調整が必要ですよ

お大事に

2017年9月1日金曜日

とにかく記憶はアテにならない

もうずいぶんと前だけど
母が

「高脂血症って言われた」

などとのたまい

まあ中年の頃は
赤福一箱一気食いするような人だったからなと
因果応報的な事を考えていた

けれど

ちょいと待てよ
ワタシも中年に入りたての頃

胆囊コレステロールポリープ

とか言われたな

しばらくしたら消えてたけど

というような記憶が蘇り


折しも 健診結果がやってきたので
ぺらりとデータを見てみたら

HDLコレステロールもLDLコレステロールも
ひとまず基準値内

あとは中性脂肪な
トリグリセリド=TGって項目


基準値より低かった

ちょいと待ちなさい自分

そんな事がこれまであったか?


献血前の血液検査は
たいがい 食後2時間以内に受けているので
むしろ基準値超えのほうに振れる

と言う事で 確認すべきは過去の健診検査データ

TGで基準値以下なんて無いやろ
と思っていたのに

複数回あったわ

('A`)

せっかくなので ついでに
他のデータも新旧見比べてみたら

ちょくちょく
あちこちで軽く引っ掛かってる値があるんだね

最近弱ってきたな…と思っていた部分が
実は割と昔から弱点だったとか

健診結果の間から出て来たアレルギー検査で
蛾にめっちゃ反応出てたとか

もう色々忘れてますわ


ちなみに
健診データは
病院勤めが始まって以降の分が割と残ってて

あー環境が環境だったからなー
意識づけされていってたんだろうなー
(良い意味で)

と しばらくしみじみしていましたよ

(  ´ω`)