2017年11月29日水曜日

クォンタムタッチ® を体験

リラクゼーションルーム・杏~An~さんへお邪魔してきました


ワタクシ整体施術も好きですが

色んなボディケアやヒーリングをして頂くほうも
めっちゃ好きなので

事ある毎に あちこちへ出かけてます


今回ナイスなチャンスが到来☆
前々から気になっていた
クォンタムタッチ® ヒーリングを
モニター体験させて頂きました
(´`*)

そのチャンスを下さったのが
リラクゼーションルーム・杏〜An〜の ミヤコ先生

ソフトな語り口調にも癒されます♪

























クォンタムタッチ®の説明は
杏さんのページにお任せしまして

体感としては

やっぱり痛くも何とも無い
時々「あー触られてるな〜」ぐらいで
揉んだり押されたりしていない
気付けば寝ていてボーッと気持ち良い
そんな感じのままベッドの上で60分が過ぎ
起きたら楽になっている

あれ不思議よね
面白いね


ヒーリングを受けた日は
実家に1泊2日で往復してきた直後だったので
何やかんやと移動疲れはあったのですが
そういう部分がすっかり癒されました

特に腰
そして首の付け根
ひと言で言えば とても「緩んだ」感じ
そして楽チン

若い頃はグイグイ揉まれる系が好きだったけど
最近は こうしたヒーリング系もめっちゃ癒される

特に
「痛いのイヤ」と仰る方々にはうってつけですよ

リラクゼーションルーム〜杏〜さんは
アンチエイジングを特に意識した
フェイシャルやボディのメニューもあります♪


クォンタムタッチ®は 現在モニター募集期間なので
今なら無料との事

どうぞこの機会に
貴女もクォンタムタッチ® を体験!

2017年11月27日月曜日

更年期会話

帰省して
実家近くに住む姉と久々に会話

そうでなくても健康ネタは話題にのぼるのに
一家揃って軽く健康オタクの傾向があるので

姉との話も必然的にそっちへ流れ流れてマニアック


仕事柄
首肩脚腰とまんべんなく疲れがたまる姉の
目下の悩みは首の疲れ

どれどれ と触らせてもらうと

もうコレ
首だけ癒して
どーにかなるもんじゃねぇよ

というところまで来てました

┐(´-`)┌


頭もパッツンパッツンに張っちゃって

こういう頭も 枕との相性が難しい

姉もご多分に漏れず
「合う枕が無い」を言うておりました

まあワタシも あれこれ試行錯誤してる昨今で

「(値段が)高けりゃ良いってモンじゃないよね」
「値段関係ないよね」
「もう今までに何個の枕を買ったか」
「おー買ってるか悩んでるか」
「ザブトン使ってみたり」
「あーあーやったやってみたよワタシも」
「バスタオルでやってみたりさあ」
「そうそうそう」

と盛り上がり

「でさー、朝起きたら頭痛してるじゃんね」
「あるある それとワタシ 横向いて寝てたら腕痺れたりする」
「うんそれもう私は通り過ぎた
「通り過ぎるモンなのかよ」

 冷えのぼせ
イライラ
その他諸々

いやあお互い更年期だねえというオチになるのです


まあそうやって
やいのやいのと喋りまくって
「みんな通る道なのね」
「自分だけじゃないのね」
という一種の安心感(?)を持ってもらえたなら
良いんだけど


妹はキチンとアナタの後を追いかけてますんで

ぼちぼちで頑張っておくれよ姉よ

2017年11月25日土曜日

攻防戦

メジャーな感染症に対抗するためのワクチンは
可能な限りは打ちます派

代表格は今の時期 インフルエンザ
おかげさまで打っていただけました

そらちょっと痛いけど
高熱やら呼吸困難でゼェハァ言うよりは
ナンボもマシだし
周囲にウイルスをまき散らす可能性も小さくなるなら
ある意味これも世のためなのかと
 (パンデミック防止)

さて今回は






















クリニックで見つけてきた
肺炎球菌ワクチンに関するパンフレット

「菌」なので 彼等も生物
生き延びるためには必死ですよ

ミクロのレベルで それこそ人間以上に必死

中世とかの ペスト大流行などの歴史を見てみてください
ちょう悲惨





























ワクチンは
人間の免疫を支援する
人体に有害な菌やウイルスと戦ってる
「人間免疫隊」に送り込まれる助っ人

まあそのような感じかな

「免疫隊」が弱り切ってから
助っ人が来てたら 苦戦するかも
もしかしたら 勝てないかも

助っ人が来てくれても
「免疫隊」とうまく連携出来なかったら
もしかしたら 苦戦したり負けたりするかも


「絶対100%」は無い 生き物の世界
(有るとしたら『どの生命も有限である』ぐらい?)

ワクチン打ったら その感染症に
「絶対100%」かからないとは言えないけども

打ってなかったら その感染症にかかる確率は
上がるワケです
たいがい そういう菌やウイルスって
街中にフワフワうようよ存在してるんで


あと 忘れちゃならないのは
「罹ってしまった」後の後遺症

ワクチン一本打っておいたら
防げた可能性のある 一生モノの後遺症

これもまた ゼロとは言えないのですよね


一方で
ワクチンそのものも
「人体にとっての異物」という側面はあるので
いわゆる副作用も「絶対ゼロ」とは言い切れず

そのあたり ワクチン怖いと思われる方の
気持ちも分からないでもない


メリットとデメリット
利益と害

そのあたりを どう考えるか


インフルエンザやおたふく風邪(ムンプス)の
ワクチン接種なら「ハイハイやりますやります」と
手を挙げる私も
モノによっては「やぁ〜ちょっとそれは……」と
ノーサンキューしてしまう事もありますし

┐(´-`)┌

モチロン あらゆるワクチンを
一気にあれこれ打つ必要性は無いと思う

上記の肺炎球菌ワクチンに関しても
「65歳になったら」とあるので
基本的には65歳まではノーサンキュー

(ただしそれまでに大病とかして
自分の免疫力が落ちるとかあったら再考)

でも

例えば海外旅行
例えば仕事
年齢や体調など 感染症に罹りやすくなってる可能性

そういう要素を考えて
やっといたほうが良さそうな感染症ワクチン接種を
医者に相談してみるとか

自分である程度 行動するのは大切ちゃうかなと思います

ちなみに





















「予防手段としてのワクチンがあるものは
一部に限られています」ってありますけども

要するに
「ワクチンで予防出来る感染症ってまだまだ少ないんですよ」

という事でして

つまり ワクチンで予防出来ない感染症については

罹るか罹らないかは
アナタ自身の努力と免疫隊の力次第 

っていう事ですよね

(  ´ω`)

これからの時期のメジャーな感染症に
ノロウイルス感染症がありますけども

ノロに対するワクチンも(今のところ)無いそうで
ついでにノロの感染力ってめっちゃ強いんで

これこそ
ひたすら自衛するしか無い類のものなんですよね

出来れば菌やウイルスからは
闘いを挑まれないで済むほうが良いけど
かれらも必死ですし
肉眼では見えないだけで
世間にはそれこそ蔓延してるでしょうから

まずは
君子危うきに近寄らず を合い言葉に

お互い気をつけましょう
お大事に

2017年11月23日木曜日

ガードユアネック

気温が下がり
空気が乾燥してきたら

テキメンに喉や鼻周辺にくるようになって久しい


友達と

「ノドにきてるわー」
「くるよねー」
「風邪引く時って絶対ノドからやわ最近」
「あーわかるー私もめっちゃノドから」

とか喋ってたんですが

つい最近

それはもしかして:老化

と やっと気付いた次第で

(´Д` )


鼻の粘膜
ノドの粘膜

こういったものの働きも 若い頃よりは落ちてくる
すなわち乾燥しやすくなってくる

粘膜の大敵は乾燥
湿気を逃がさない&補ってあげる事が
どんどん大切になってくるのですなあ


ついでに
寒くなったので 真冬用布団を出したのですが
羽毛で軽いのは良いとしても
体に密着してくれる感が少ない

具体的には 首周りに隙間が出来てしまうわけで

















首肩周りを冷やして エライ目に遭うのです


というわけで 何はともあれガードユアネック
首周りを制するものは健康を制す(かもしれない)


手っ取り早いのは マフラー巻いてマスク付けて寝る事かも

しかし悲しいかな
私はそれをやると 却って首周りが凝って頭痛が出る


まずは 相方が使っていた
ネックウォーマーがあったので付けてみた

うまくいけばこれを鼻のあたりまで持ち上げて
ノドのガードにも使えるわ と思った

けど

布団に入った途端
首の後ろエリアがゴワゴワと違和感満載で
5秒でギブアップ
























それではと フリース生地のハーフケットを肩周りに掛けて
その上から掛け布団を被ってみたのだけど

ハーフケットがデコルテ周辺にモサモサと溜まって
これも却下


ならばこれでどうだ

掛け布団とハーフケット逆転の術

















これならモサモサも気にならない!
軽いハーフケットで 口や鼻を覆ってやれば
大した違和感も拘束感も無いようで関門クリア

冷たい乾燥した空気をダイレクトに吸い込む可能性も減って
ノドにも優しくなれるようで

ここ数日 イガイガしていたノドが楽になりましたよ


あとは 大口あけてイビキかいて寝てなければ良いんだけど
こればかりはセルフチェックが出来ないので

まあ やれる事はやっておくという次第です

(  ´ω`)

2017年11月21日火曜日

iPS細胞10周年

ヒトiPS細胞が出来てから10年経ちました

というニュースを耳にして

もう10年かあ、と 隔世の感


それじゃあ と思って

「iPhone 初代」で検索したら

ちゃんと2007年発売だったので

そうやんなあこっちも10年なんだなあ

と 勝手にしみじみするガラケー使い

( ´_ゝ`)


iPS細胞の「i」が小文字なのは
iPhoneの「i」が小文字だから
(件の教授がiPhone推しでいらっしゃる)

というトリビアは覚えている


日本語に直せば
人工多能性幹細胞

人工的に作られた
色んな機能を持つ事が出来る
おおもとの細胞

ってなところでしょうか


ヒトの細胞はひとつの受精卵から始まるけど
どんどん分割していって数を増やす中で

「あなたは骨担当」
「あなたは皮膚」
「君は神経ね」

と役割が決まっていき
細胞も

「では骨になります!」
「わたしは皮膚に!」
「ぼくは神経です!」

 とそれぞれの道を進み出したら
もう他の細胞には変われない


そんな細胞を
人工的に「配属先決定前」の状態に戻したのが

iPS細胞

もともと皮膚担当だった細胞が

「皮膚担当を解除します。
 そして改めて命じます。
 角膜の細胞になりなさい」

と言われたら

「じゃ、角膜になります!」

となるわけで


まだまだ理解は浅くてお恥ずかしいですが
それでもつくづく すごい技術だなと思いますぞ


でも研究はまだまだ続く
そしてそれには資金が必要

限りなく非力ですが
少しでも応援したいものであります
 ↓
iPS細胞研究基金のページ
 

2017年11月19日日曜日

ホヤ夫

先日

「立派でアーバンかつオシャレなオフィスビルで
友達とお茶でもしようと小洒落たカフェに入って
ケーキセットを頼んだら美味しそうなケーキが来て
『これ何て言うケーキですか』と聞いたら

『ホヤ夫』

と返されて言葉を失った」

という夢を見たんですけど何か?

┐(´-`)┌


読みは「ほやお」
自分のネーミングセンスを疑うところですが
とりあえず、何故「ホヤ」が出て来たかというのは
分からないでもない


というのも 2017年度下半期は 主に
生物(とりわけ動物)の進化について
放送大学で学んでいるのですが

最初のほうでやたらと「ホヤ」が出て来てたんだ

それが何だか分からないけどインパクトがあったので

ひょっこり 夢に出て来たのではないかと

ちなみにホヤはこんな感じの「動物」
  ↓
「市場魚貝類図鑑/ホヤ」


大人になると 体を一定の場所に固定して
動かないけど

子どもの頃は移動出来る それがホヤ

しかも実は
ヒトと同じ脊索動物に分類されているというから
これまた面白い

関西ではホヤには滅多にお目に掛からないけど
岩手や宮城のほうにいくと
普通にある(そして産地)そうで

そんなホヤもそれを食べるヒトも
ずーっと時代を遡れば
祖先は同じっていうのが さらに面白いですな

2017年11月16日木曜日

布団の魔力が半端ない

先週から
石油ファンヒーターが活躍している我が家


木造家屋で隙間風が多いので
どうやっても
一酸化炭素中毒事故にはならないのが

……良いんだかどうだか


気付けば最低気温がひとケタの日も
増えてきたという事で

毎朝
お布団から出るのに時間がかかるのです

(  ´ω`)


子どもの頃から寝起きは良くない

ただし朝イチから予定がある時には

さほど苦労せず起きられるので

低血圧とかそういう事ではなく

単に 布団の魔力に弱いのだろうと

(責任転嫁)


朝は
目が覚めたらすぐにサッサと動くよりも
ゆっくり 体を温めてから動き出すほうが良い

……というような話もあるようなので
これ幸いとばかりに
目が覚めてから30分
だらだらだらと 布団と戯れるのです

(´∀`)

日々の「寝る前ストレッチ」のお陰で
朝は比較的楽チンに体が動くけども

ウッカリ前夜にストレッチをし忘れると
翌朝テキメンに体がバリバリになってるので

こういう時は 起き上がる前に
寝たままストレッチを数種類


・両手を上げて「う〜ん」と伸びて全身ストレッチ

・立て膝をしてそれをゆっくり左右に倒して
 腰ひねりストレッチ

・両手で後頭部を支えてゆっくり頭を前に倒し
 首の後ろストレッチ


これだけでも ギックリ腰などの予防にヨシ
血行も良くなって 体のアイドリングも進みます


ゆっくりのんびり 起きるべし

二度寝の罠には 注意して

2017年11月14日火曜日

何が怖いか

最近
ちょっと楽しげな ナースさん向けサイトを見つけて

はまってます

(´`*)

悲喜こもごもの体験談や
ナースあるある な話

それがまた
元ナースさんやら
現役ナースさんが描かれたマンガ形式で
載ってるもんだから マジ楽しい


不肖ワタクシめも病院で働いていた事があるし
(コメディカルとしてだけど)
介護現場でもナースさんに助けてもらったので

色々と
頷いたり
笑わせてもらったり出来るという
そんなサイト


ある日
そのサイトの とあるページに載っていた一文に

もはやこの世に居ないはずの人が
ドアの前に立っているよりも
現実の人間(つまり患者さん)が
ベッド脇やトイレなどで倒れているほうが
何倍も怖い

という意味の事がありまして

あー確かに
そんな事言うてはった知り合いナースさん
いてたわー

と しみじみ思い出しました事ですよ

( ´_ゝ`)

2017年11月12日日曜日

首周りのストレッチに集中している昨今です

先月の上旬
首の付け根がごりごりになってしまったので
鍼を打ってもらったわけですが

それ以来
鍼灸整骨院にもリラクゼーションサロンの類にも
全く行ってない

これは個人的には 結構すごい変化


10年くらい前は
週2ペースで通っていた事もあり

ここ4〜5年はだいぶんと落ち着いたけど
それでも月3回とか
そこからやっと2週間に1回

そして今年ようやく ひと月に1回ペース


さらに 今回ついに

1カ月過ぎても行ってない
というところまで漕ぎ着けたのだ

( ´_ゝ`)

やせ我慢しているという事もないのだよ


先月から なにを変えたかって言うと

首周りのストレッチを増やした それだけ


背中〜腰〜脚のストレッチは すっかり習慣に
なっていたけど 首周りが今まで足りなかったようで

自分で「これ良いな」と感じたストレッチを
一通りやると ウッカリ30分近くかかるけども

通院したりサロンに行ったりするのを考えれば
短いモンでしょ

(  ´ω`)

パソコン作業に集中し過ぎた時や
気温が下がって来た今日この頃などには
一層 入念に

これで体の「もち」が良くなるんだね
あーあと10年早く気付いていれば
(大反省)


でもまあ
気付けて良かったな とは思ってる

すっかりオバチャンではあるけども
身体パフォーマンスは落ちないように
つまずいても うまく受け身が取れるように
(骨折回避)


ついでに
少しは健康寿命も伸びてると良いなぁ

2017年11月10日金曜日

目からウロコが何枚落ちてくれたかな




本日は「目からウロコの人体学」第1回

場所は梅田某所  
 

梅田=大阪駅の周辺も
すっかり「秋深し」の光景
クリスマスっぽいオブジェなどもあちこちにあって
夜はさぞかしイルミネーションがキレイだろうと思われ
(オススメ)

























「人体のイロハを気軽に知っていただく」
 というのが目的なので ホントに気軽に

話題の脱線もウエルカム自由自在

今回の受講者さんは現役セラピストさんで
マンツーマンの濃厚な60分

実際にクライアントさんへの対応をされる中で
気付いた事
疑問だった事
それからウラバナシ

そんな話も出てきたし


母が外出好きでねー
色んなところ出歩いて 元気なのは良いけど
転ばないかとヒヤヒヤする事がよくあって

あーわかるー
でも年を重ねてくると
その塩梅って 難しいよねー
でも好きな事やってはるのは良い事よ
ウチは義母がインドア派すぎてさあ
脚力激落ちなのが心配で
散歩したら?って言うんやけど

「散歩して転んで骨折したらアカンから」

とか言うて全然外に出ぇへんのよねー


なんていう「母娘あるある」的な話で
盛り上がる一幕もあったり

(  ´ω`)

一応 レジュメなるものはご用意いたしますが
  ↓












受講される方に合わせて
内容は毎回微調整
テーマは同じでも
お話させていただく事は毎回違ったり

それ自体にはメリットデメリットあろうかと思いますが

その人の目にくっついているウロコが
一枚でも多く剥がれて
「そうだったんだ!」をたくさん
持ち帰っていただければ嬉しいなと♡


ちなみに本日のハイライトは

iPS細胞

(  ´ω`)

概要をざっくりお伝えしたら
受講者さん曰く

「その名前はよく聞くけど
何がそんなにすごいのか?って思ってました
それがどういう物なのかって分かると
確かにすごい事だなって感じますね!!!」

そうそう
あれはすごい
ホントすごい

いよいよ成果をあげつつあるiPS細胞
たくさんの人の笑顔を取り戻してくれると
一庶民も密かに期待&応援致しておりまする

2017年11月8日水曜日

寒くなるぞ

灯油売りが回ってくる時期になって

さっそく購入

我が家の暖房の準備は
去年よりもだいぶ早い気がしてる

天気予報は12月並みの寒さを予想

温度差に用心ですね


屋内と屋外もだけど
室内での温度差

居室とトイレとか
脱衣場とか

よく言われる ヒートショックっていうアレ

我が家もそれなりに高齢世帯
用心が必要なのですよ

( ´_ゝ`)

「寒〜い!」と言いながら
電車に飛び乗ってきた女子高生(かな)

素足に膝上丈のスカートだから
そらそやろ と心の中でツッコミをいれた
オバチャンですよ

冷え性の方は
首周りを重点的に保温


足首
手首


腰はその昔は
「こしくび」って言ってたそうですよ

暖パンとかあるそうですね
使えるものは使おうぜ

2017年11月5日日曜日

インプット アウトプット

11月
久しぶりに
目からウロコの人体学が開講です

メルマガも おかげさまで何とかボチボチ


一方で
ゼーハーしながら 放送大学受講中


学んで
復習して
資料を作って
開講したり発行したり

インプットとアウトプット
良い感じで交互にやらせてもらってます


アウトプットするにはインプットが大切だけど
インプットするのにもアウトプットは重要

脳に余白を作らないと
新しい事が入って来ない気がする今日この頃


10代までの記憶力を懐かしく思い出しながら
今日も生き物のあれこれを
新鮮な気分で学んでおりました

(  ´ω`)


そうする間にも
テレビやネットからは

新たな治療法の発見やら
新種の生き物情報やら
人体の仕組みの新たな一面やら

いろんな NEW が入ってくるので

まあワクワクしちゃって飽きませんね
毎日がね♪

2017年11月3日金曜日

起きづらい季節になりつつある

寝付きは大変よろしいのだけど
寝起きはよろしくない

低血圧で機嫌が悪くて起きられない
とかではない(と思う)のだけど

目覚まし一発では起きられない

というか 起きない

自己分析では
「睡眠は二度寝をしてこそ」と思っている節がある

( ´_ゝ`)

目覚まし時計は スヌーズ機能付き
ついでに携帯のアラームも使って
こちらは3分間隔でピロリロピロリロ

そうしたら 寝起きのよろしい相方から

「鳴らしすぎ」

クレームがつきました



せめて せわしなさを緩和させようと思って
携帯アラームを
「3分おきにならす」から
「8分おきにならす」に変更

最初の2〜3回は やっぱり寝てしまう

寝てしまうと 感覚的には3分も8分も変わらない

でも

「8分おきに鳴らすようにしてると
 いっぺんアラーム止めてまた寝て次に起きた時に
 8分が経過しちゃってるワケやんか」


そらそやろ8分にセットしとったら

相方は呆れて笑うばかり


日の出も遅くなってきて
気温も下がって来て
余計に起きづらい季節になってまいりました

自律神経がんばれ

2017年11月1日水曜日

長年の疑問がひとつ解決した

ほぼ半年ぶりに歯医者へ行った


……今年の春くらいまでは

「ここ良いよ」と教えてもらった

少し遠い歯医者へ真面目に通っていたんだけど

片道自転車25分ってのがだんだん面倒臭くなったのと

ちょっと思うところもあったりなんかして

自宅から徒歩2分の歯医者のドアを叩いたのが

ほぼ半年前


オフィス街の歯医者と
住宅街の歯医者だと
こんなにテイストが違うかー

と新鮮な感動があったものです

 (  ´ω`)


なかなか良さそうだな と言う事で
今回
歯科検診をお願いしました

担当してくださった歯科衛生士さんが
めっぽう話しやすく
しっかりと時間もとって
説明も丁寧 という具合だったので

今日こそ
長年気になっていた事を聞くチャンス!


聞きました

「あのですね」

「はい」

「下の歯の裏っかわを掃除してくれてる時なんですけど」

「はい」

「ベロをどうしておいたら良いのか分かんないんです」

 すると歯科衛生士さんは
歯医者あるあるとでも言いたげに笑って

「それねー言われる方多いんですよー」

やっぱり自分だけじゃないのか とホッとしたところで

「大丈夫ですよー普通にしておいてもらったら

普通ってどんなんだろう
と少し心の中でツッコんだけど

特に作業の邪魔にはなってないそうなので
ひとまず安心した次第

やっと聞けてヤレヤレでした