2018年3月5日月曜日

線維・糖質・炭水化物

先日 メルマガ13弾を発行しましたんですけど

その中で

「寒天は炭水化物なので云々」

と説明をしてましたら 早速

「えっ炭水化物なんですか?」
「炭水化物と言えば太るの代名詞なのでは?」

とメールをいただき

チキンハートな私は
やや不安になって調べ直しました

(  ´ω`)


糖質制限ダイエットとか

「炭水化物は抜こう」とか

「甘い物はダメ」とか

あれやこれやと情報が世間で飛び交いますが


ふと立ち止まってみると

そもそも糖質ってなにさ
炭水化物ってどこさ
せんばやまにはタヌキがおってさ

てな事になっていくという

---------------

改めて整理しておきましょう

まず覚えていただきたいのは

「炭水化物」は
「糖質」の言い換え語ではない


炭水化物は「糖質」と「食物繊維」の二種類に
大きく分かれます


糖質は
「エネルギー源になる炭水化物」の総称

さらに 糖質の中でも三つに分かれていまして

・多糖類=デンプン(穀類・イモ類などの)など
・少糖類=ショ糖(砂糖)や乳糖(牛乳)など
・単糖類=ブドウ糖や果糖など

となります。


そして

食物繊維は
「エネルギー源にならない炭水化物」のグループ

こちらは「水溶性」と「不溶性」に分かれます


・水溶性=ペクチン(果物・野菜など)や
     アルギン酸(海藻)など

・不溶性=セルロース・ヘミセルロース・リグニンなど
     (穀類・豆類・野菜など)

※(  )内はそれぞれの食物繊維が
含まれている食品の例です



炭水化物の仲間は、どれも
ブドウ糖などの単糖類が
ネックレスみたいにつながったものですが

そのつながり方の違い

めっちゃエネルギー源になるものもあれば

消化されにくくてエネルギー源に

ならないものもあるという事です。


材料は一緒なのに、性質が全く違う。
単糖類の変化の術、なかなかのものですぞ。