2018年4月17日火曜日

今も旅館の朝食には生卵がつくのだろうか

生卵を食べるという習慣が
他国に比べるとしっかり定着している

……とされる日本です

 TKG(卵かけご飯)は私も大好きで
時々 朝ご飯で食べておりますよ


ただしその時
若干の覚悟をして食べているのも事実

何を大袈裟なと思われるかもしれませんが

刺し身にせよTKGにせよ

生食には食中毒の危険性が付きものですので

( ´_ゝ`)


生卵で食中毒とくれば
原因は あの有名なサルモネラ菌

熱に弱いので
卵焼きとかになればまず大丈夫ですし

特に日本で流通している生卵は
しっかりサルモネラ対策をしているので
滅多な事はない と言われますが


サルモネラ菌も 何とか仲間を増やそうと日々頑張っているので

油断して扱いを間違えれば
食中毒でやられます


前に何かの記事で

「朝ご飯の時にTKGを食べさせてあげようと
お母さんが 前の日の内に生卵の殻を割って
小鉢に入れてラップして準備しておいて
翌日 子どもはそれを食べて
サルモネラに激当たりした」

というのを見かけて戦慄


生卵は
殻に守られている間のほうが安全

パカッと殻を割って
中身が出て来たその時から
サルモネラは

うわーーーーー

と増殖を始めますので


卵は食べる直前に割る!
調理する直前に割る!!

で くれぐれもお願いしゃーす

(  ´ω`)


昔は旅館に泊まると
朝ご飯に必ず

焼鮭
味付け海苔
生卵

が出て来たという記憶があるのですが

今も 旅館の朝食には
生卵がつくんですかねえ

久しく旅行に行っていないので
よく知らないのですよ☆