2018年7月31日火曜日

おおあたり

寝る前ストレッチをするようになってから

肩こり腰痛その他 けっこう軽くなったんですが

なかなか手強いのが 肩甲骨周辺

ストレッチや運動でもうまくほぐれない

しかし整体のお世話になる時間もうまくとれない

という時の 我が家のお助けアイテムの一つが

せんねん灸






















「うわ、めっちゃ効いたわ〜」と思う時と
 「うん、まあ悪くないね」という時があります

いわゆる「ツボにはまった」感があると
「効いたわ〜」になります


今回は おかげさまで

大当たり!(笑)

5分で ずいぶんと楽になりました


お灸は 一度に5個も10個もやるわけにはいかないので

(やりすぎは 却って調子を崩す場合も)

狙い定めて 何度も位置を確認して ピンポイントにON!


夏場でも 冷房などで密かに身体が冷えていたりするので

お灸の温刺激が予想以上に気持ち良かったりするのですよ♪

2018年7月29日日曜日

容赦なく大阪上空を通過していったなジョンダリめ

色々とイレギュラーづくしの台風12号

お名前は「ジョンダリ」(=ひばり)


東から西へ移動していくのも珍しいですが

大阪のオバチャンをものともせずに

大阪上空を通過していったというのも 

これまたなかなかのものです

(っ'-')╮ 三


そんなジョンダリが大阪を通っていったのは

本日未明 午前3時とか4時とかそのあたり

特に風が強くなってきて その音で目を覚ました時

頭痛とかは無かったですが

持ち前の不整脈は出てました


まあねー

人間も自然の一部だしー

30hPaも気圧が変われば そりゃストレスだわー

自律神経ご苦労さんよねー


とか思ってる内に スッと風が止み

どうやら台風の目に突入


今が……975hPa!!(当時の推定中心気圧)

と よく分からないハイテンションになっておりました


ハイテンションも 交感神経優位状態

とにもかくにも 気圧の変化で身体にはそれなりに

ストレスがかかっていたはず

軽く自律神経のバランスも崩れていたのでしょう


最近は すっかりメジャーになってきた「気象病」

大雨 猛暑 そして台風と この7月はいつも以上に

体調がイマイチだった方も多いのではないでしょうか


気圧に加えて温度や湿度も変化すると、余計に
気象病の症状が出やすいといわれます

1日の温度差が10度以上あったり
前日との気圧差が10hPa以上あったりすると

症状が出るという研究もあるそうです

パッと数字だけ見ると大した事なさそうでも
身体にとっては 結構な負担

とれる休憩はどんどんとって
ホッとひと息つける時間を確保して
ぬるめのお風呂にのんびり浸かって
眠る前には ゆっくり深呼吸を3回

明日も無理はしすぎず ご安全に

2018年7月27日金曜日

○○の日

ネットやテレビを観ていると

「今日は○○の日!」というのが毎日あって飽きません


同じ日に いくつも「○○の日」があったりしますが
それぞれに それぞれの思いが込められていますし
語呂合わせ系も「そうきたか」と感心したり笑ったり

ちなみに今日は「スイカの日」だったらしく
昨日は「幽霊の日」
一昨日の 天神祭の日は「かき氷の日」

(  ´ω`)

祭りにかき氷は合いますね
夏の屋台の定番

かき氷シロップの「いちご」「メロン」「レモン」は
色と香料が違うだけで味は一緒というマメ知識も得ました



今年 それで何よりも感動したのが

その かき氷シロップの話題で

テレビに映し出されたのが

ハタ鉱泉さん製のそれだった事で


ラムネと言えばハタ鉱泉

シャンメリーと言えばハタ鉱泉

までは(大阪ならばおそらく)有名ですが

シロップもやってはったというのは
知らなかったんですわー
まだまだモグリですわー


地下鉄の都島の駅からスグにある老舗の会社

皆さんもどこかで お世話になってますぞ

2018年7月24日火曜日

メンテナンス・デイ

今日は 月1回の漢方医受診の日

脈を診て 舌を診て 腹を診て

「うん元気だね」


連日の暑さには辟易しておりますが

どうにかこうにか 普通の生活を送れているのは有り難い事


「暑いからねー これ出しとくね」
「熱冷まししてくれるから」























清暑益気湯(せいしょえっきとう)

 へえ〜こんな漢方もあるんですね

「そのまんま」な名前もナイス


よく耳にする「補中益気湯」を連想しますが

元気の出し方が違うって感じですね


薬局へ処方箋を持っていったら

「夏バテですか」

いえ辛うじてまだです
夏バテ予防って感じで出されました


「ああなるほど」


身体の内部バランスのメンテナンスを終えて

次は自転車のメンテナンス

走ると後輪がぐにぐにする感覚があったんですね


「(入ってる)空気少ないですねー」

「タイヤが劣化してますねー交換おすすめします」


ではそれでお願いします で一件落着


勢いづいたところで もう一つ

メガネのレンズ交換をやってしまおうと 眼鏡屋さんへ

いつものメガネを パソコン作業やデスクワークに最適化します
















お店にレンズが届いたら メガネを持って行って
小一時間ほどで交換出来るとのこと

8月からは 新しいレンズで生活出来そうです

暑い中 がんばりました(  ´ω`)

2018年7月22日日曜日

ほらほらテストがやってくる

日々 35℃を軽く超える暑さが続き

「とにかく熱中症にならない事」
「夏バテ・暑さバテをしない事」

を心がけて静かにしておりましたが

静かにしすぎて 進度が遅れているのがこちら
















今年もやってます放送大学

今月末にはテストが始まりますよ
 
(  ´ω`)


今回は「食」と「バイオ」がテーマな学期になりましたが

フタを開けてみれば

「食べる」は化学
「生きる」は化学反応

なのだなあと再確認させられる内容ですわー


学習を進めるにつれ
食べ物に対する認識も ちょっと変わった気がします
人間って たくましいですよね
あれもこれも なんなと加工して食べちゃう


水族館でイワシの群れを見ると

「わあ綺麗」よりも

「わあ美味しそう」って言うじゃないですか


食は「生きる」の原点 まさに本能が
これを言わしめているのでしょうね
(イワシなだけに)


2018年7月20日金曜日

もう「土曜の牛の日」で良いような気はしている

今年も

「どようのうし」って

「土曜の牛」ちゃうねんで


という会話を耳にしました

(  ´ω`)


個人的にはウナギは好んで食べるほどではないし
昨今の絶滅危惧種の話題を聞くにつけ


いやもう土曜の牛の日でええやん?


と言いたくなるほうです


いずれにしても 夏の土用の期間(約18日間)は

疲れが溜まりやすい&出やすい頃であります


土用って そもそもは「季節の変わり目」的な扱いでして
「土用は年に4回ある」も 頭の片隅に是非

立春の前が 冬の土用
立夏の前が 春の土用
立秋の前が 夏の土用(一番有名)←イマココ
そして
立冬の前が 秋の土用


日本ならではの 先人の知恵ですね

( ´_ゝ`)


ともあれ 暑さ疲れの出る頃ならば
栄養の豊富なものを食べましょうという事で

マルチな才能を持った平賀源内さんが
これまたすぐれたコピーライター能力を発揮して

「暑い時には鰻を食べて元気に!」

とやってから みんなこぞって
食べるようになったという噂(うわさ?)


鰻に含まれる栄養は
ビタミンA・B1・B2・D・E
さらにDHA(ドコサヘキサエン酸)に
EPA(エイコサペンタエン酸)、
ミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム)などなど

夏バテ解消・疲労回復だけじゃなく
視力低下予防や皮膚の健康維持、循環器系疾患の
予防などにも効果ありとされているので
当然 普段から食べたら良いのです


対するに牛肉の栄養は
筆頭に 必須アミノ酸
これが豊富にバランス良く含まれています

人体を構成する要素として欠かせないのが
タンパク質(つまりアミノ酸)ですから
当然これも しっかり摂りたいところ

そしてビタミンA・B1・B2もがっつりと入ってます

疲労回復には特にビタミンB1なので
疲れたら焼き肉!というのも
理に適っているわけですね

他には 鉄分なども挙げられます
言わずと知れた 貧血対策の代表格なミネラル

夏の疲れに貧血が重なると フラフラになって
本当に辛いものですので
お嫌いでなければ 特にレバーなど内臓系を
しっかり焼いて 食べていただきたいですね


蛇足ですが 疲労回復に良いとされるビタミンB1は
豚モモ肉にさらに豊富に含まれていますので
そこだけ考えれば

土用の丑には豚の生姜焼き

が ベストアンサーかもしれません

(おサイフにもやさしい)

2018年7月19日木曜日

早めの行動が吉だった日

7月の京都は
祗園祭月間(7/1〜31)


去年も書いておりましたが

我が家は 大阪でありながら

何故か毎年 八坂神社の粽を頂きにあがるという

ミッション

があってですね

(  ´ω`)


今年の祗園祭は

大雨 のち 酷暑

という事で

さて いつ伺いましょうかね

と考えていたのですが


少なくとも7月中は酷暑です

という天気予報を聞いて覚悟を決めました


日中最高気温を記録する午後の時間帯を避けるべく

我が家的には 早めのスタートをかけまして

がっと行って 
ばっとお詣りして
だっと戻ってきたので


京都で39℃超えの大気に炙られる事だけは回避


保冷剤も忘れず携行
八坂神社までの道中で活躍してくれました♪


さすがの暑さのせいか 観光客も少なめの印象でしたが

それでも 海外からの団体さんがわらわらと

祗園散策を楽しんでいる光景も目にしました
 


























耐震工事を頑張っている南座

工事のみなさまも ご苦労様です

2018年7月17日火曜日

子どもの頃水銀の体温計をお湯に入れて割った人は手を挙げなさい

日中予想最高気温が40℃とかの話が

毎日 当たり前のように出てきていますが


人間は体温が42℃あたりを超えると

完全に命の危険ゾーンに入るので

いくら人体に体温調節機能が備わっているとは言え

もうホント 結構ギリギリなとこまで来ているなあと

夏の高気圧の威力を感じております


42℃と言えば思い出すのが

水銀を使った体温計

その名もズバリの 水銀体温計


メモリが「42」までしか無いのは

それ以上はチンタラ測ってる場合じゃないという事で

体温がそこまで上がっている状態は

人体が相当アブナイ状態になってるという事


脳は熱に弱いというのは

風邪やら何やらで高熱を出した方なら何となく

おわかりいただけるのでは


いわゆる「頭が回らない」状態
思考力低下します

いつも通りに生活・仕事をするのは かなり難しい


さらに高熱になれば

思考力だけでなく 脳の生命維持機能にもエラーが出て来て

まさに生死の境を彷徨うことに


脳をクールダウンさせるには

脳にたえず流れ込んでいる血液の温度を下げるのが効率良し

頭蓋骨の上からよりは

太い血管が身体の表面近くに走っている

腋や鼠径部(太腿のつけ根)や首などを冷やすと良い

というのは すっかり常識になりました


保冷剤に助けられている毎日です

(  ´ω`)


ちなみに

水銀に関しては 現在
自治体などが主導して回収を進めています


2013年に『水銀に関する水俣条約』が採択され

平成29(2017)年8月16日に発効

2020年以降、水銀を使った機器の製造、
輸出入が原則禁止されるとの事です


例えば京都市ですと→こんなご案内が出てますし

環境省からのお知らせは→こんな感じでございます

体温計以外にも 水銀を使っていたものはありますので

今一度 ご確認いただくのもよろしいかと


ちなみにワタクシ

子どもの頃 お湯に水銀体温計を突っ込んで割って

中から出て来た水銀をつついて遊んだ過去がありまして

すごくダメダメな子どもでありました

(´Д` )

今さらながら 知らないってすごいと戦慄しております

2018年7月14日土曜日

日よけ そして冷却

夏休みの宿題は8月31日にやるほうのワタクシ

「酷暑到来!予想最高気温37℃」とか出てから

やっと 西側の窓に日よけを吊りました


まずは 直射日光から家の外壁を守る事

それをしないと 延々と日没まで

外壁が熱を溜め込んでいって屋内が大変な事に

(´Д` )


本当は 屋根にスプリンクラーでもつけたいところ

さすがに屋根までは 日よけ云々の対策は出来ず


「でも スプリンクラーをつけたら
 家の前を通っていく人の上から水が落ちてくるな」

「ちょうどええ感じに 涼しさ感じてもらえるんちゃう?」


人間も 外出時には日よけをしましょう

もうね UVケアとかの次元じゃなくて

身の安全的な問題です


日よけをすればヨシという段階も過ぎてます

空気も たいがい暑くなっちゃってるので

積極的に「冷やす」も考えましょう


汗をかいても 湿度が低ければサッと乾いて

気化熱効果もある程度期待出来ますが

如何せん 日本の夏は高温多湿が基本


保冷剤を上手に使っている方も見受けられますね


先日 100円ショップで

帽子に入れて使う保冷剤って置いてへんの?」

と 店員さんに尋ねているご婦人がおられましたが

そんなのも 今はあるんですかねー


相方は 寝る時にはソフトタイプの氷枕を愛用

ワタクシも適宜 大きめ手帳サイズの保冷剤を利用

ケーキ屋さんなどで入れてくれる ミニサイズの保冷剤は

ノートパソコンの冷却にも役立ってます

2018年7月12日木曜日

ファミポートde募金

ツイッターで教えてもらったツール

「ファミポート」。

サクッと募金が出来るとの事で、トライ。



















「別領収書」はファミポートから出て来るので
チケット発券などと同じ紙

なので無駄に大きかったりしますが

(^^;)


匿名での募金という事になるので

あれこれ記入する手間も無いというお手軽さでした


被災された方々が「いつもの日常」に戻れる日が
少しでも早くやってくるよう
お祈りしています。

2018年7月10日火曜日

セミは知ってる夏の扉

先週の土曜日 だんだん雨も収まってきていたので

ご予約をいただいていた出張ヘッドリラクゼーションに

お伺いしました


帰りは小雨
惜しいところでバスを逃したので
まあ散歩ついでに という事で歩いていましたら

歩道の植え込みに セミの抜け殻がありまして。


「お〜いよいよか!」と思っていましたら

その日の夕方 遠くからクマゼミの声が響いてきました。


「それにしても まだちょっと早いんでないかい?」

と思っていたのですが、月曜日になったら


梅雨明けですよ

(´Д` )


自然のリズムの中で生きているものは

自然のリズムを感じてるんでしょうねー。


一気に熱中症対策 最高レベルで お願い致します。

2018年7月7日土曜日

突然現れたのは

湿度の高い日々が続いています。

今日、夕食を作る時間になり
冷蔵庫の中身チェックをしよう!と思ったら

冷蔵庫の下段ドアの表面に 黒い点々が数個……

よくよく見れば


カビ!


(´Д` )


何かの汁が飛んだのに気付かず
そのままになっていたためと思われますが

今朝まではこんな黒い点々は無かったんだが

と その繁殖力に舌を巻いておりました


一応 対応としては

洗剤をつけた布で拭き取って
水拭きして
から拭きして
消毒用エタノールを噴霧

(そのマメさの半分だけでも常日頃から)


先月は

地震があってからしばらくの間
浴槽のお湯を落とさずにそのまま置いておく

という地震対策をしてみていたのですが

やっぱりカビが一気に勢いづいたので

早々に対策終了と相成りました


カビと湿気の相性の良さに
今さらながら 脱帽しております

2018年7月5日木曜日

どうぞご無事に

ちょっと
シャレにならない勢いの雨です


あちこちの河川氾濫情報が多すぎで
心配は尽きないのですが


皆さまどうぞご無事にご安全に
こちらも気をつけます



2018年7月3日火曜日

前頭葉が○○

脳の話で「前頭葉」と言えば

[思考・判断などの高等な
 精神作用が営まれる場所]

などと説明があります


[本能]に対して[理性]の場所

というイメージです




……以前から

「前頭葉が痛い(頭痛)」

と言う人は知ってましたが


最近は 新たに

「前頭葉が眠い

と言う人に出会いました


(´∀`)


脳そのものは痛みを感じないので

「前頭葉が痛い」って言う人の場合

ヤバイ病気でないのなら

強度の眼精疲労とか
前頭筋などの筋肉の疲れ

なのではないかなーと

特に ヘッドリラクゼーションをさせて頂くと
そのように感じます

緊張状態が続いちゃってリラックス出来ない
そんな印象です


「前頭葉が眠い」方ですが
こちらは ぶっちゃけ

マジお疲れですね

という以外に 何とも申し上げられません


とりあえず しっかり睡眠をとって頂きたい

(´Д` )

 ストレスや睡眠不足、忙しい毎日などで
身体だけでなく脳も疲れが蓄積します

それでも何とか仕事をこなして
人間関係にも気を使って……とやっていれば

確かに 前頭葉が疲れ切ってしまいますね


疲れ過ぎると 人は

「あれ?どうやってリラックスするんだっけ……?」

みたいな状態に陥る事もしばしば。


言うなれば 脳が熱暴走している状態。

これを自分で落ち着かせるのは ちょっと大変です


パソコン・スマホなどが暴走した時は
強制終了 電源オフしますよね


脳が疲れ過ぎて暴走した時は

まあ いきなり殴って気絶させてはマズいので
(強制終了)

他の人の手を借りてでも 脳に「あっそう言えば」と
リラックス状態を思い出させ クールダウンの後に

スリープ状態へ。

やっぱり睡眠大切ですわ睡眠。



ご自分の「リラックスのスイッチ」 を持っていれば

前頭葉が○○ っていう状態には あまり出会わないかも。


理想は 緩急自在 なんでしょうね。

緊張と弛緩、これを上手に扱えたら
前頭葉も活き活きと働いてくれそうです