2018年10月30日火曜日

お味噌LOVE♡

先日名古屋に立ち寄る機会がありました

名古屋と言えば愛知
愛知と言えば味噌


愛知生まれの祐岳谷も

やはり味噌好きDNAを持っています


早めの夕食は名古屋駅周辺で
久々のパスタ

おあつらえ向きに和風パスタのお店

「こなな」さんがあり

入ってみましたら


パスタソースのベースは全て「おだし」

バリエーションで
「だし風味」
「しょうゆ」
「味噌」
「豆乳」
という感じです


こうなれば味噌一択とばかりに

季節限定の味噌クリームカルボナーラらしきものをチョイス























具材は

秋によろしい「白」の食材、舞茸

秋に疲れやすい「肺」を養い風邪予防にも良い「ねぎ」

乾燥しやすいこれからの季節にぴったりの
“体に潤いを与える食材”「豚肉」

薬膳の見方で行ってもエエ感じやわ♪


味噌は当然発酵食品 ビバ乳酸菌その他微生物

やっぱり「八丁味噌」がブレンドされてます
あのコクがクセになるのですよ

それが温泉卵とクリームで程良くマイルドに


と言う事で ぺろりと完食♡

たいへん美味でございました(´`*)


大阪にもお店があると分かったので
またこちらでも行ってみたいと思います!

2018年10月28日日曜日

次なる関門

小中学生の頃
立位体前屈がマイナスだった祐岳谷です

5年前の前屈も



















これが限界でした
(脚の後ろ側を伸ばすオプション付きではありますが)


アラフィフ(死語?)に入って一念発起

日々 ストレッチをするようになりましたら
前屈系は それなりに進歩しまして
ついでに腰痛も改善

(´`*)


さてそんな訳で

下半身がマシになってきたところで

次なる関門は

上半身

です


特に上肢帯と言われる部分

左腕〜肩〜右腕のライン

  
しごじゅうかたの恐怖に怯えている昨今

 ( ゚д゚ ;)


以前は
「胸の前で両肘をくっつける」
 ↓



















というのも出来ないほどに
肩甲骨周りがガッチガチでしたけれど

今は かろうじてコレは出来るようになり

なるべく肩周りのストレッチもやるようにしてますが


追いついていません



でもまあ
前屈も5年やってたらマシにはなったから

肩周り・肩甲骨周りも5年やったら
マシになるのでは

という淡い期待をいだき


これから年単位でトライするのは

「背中で合掌」


感動のビフォーアフターをお披露目するのを夢見て
まずはビフォーを撮りました



















道のりは遠い(´Д` )

(とりあえずスタートします)

2018年10月26日金曜日

おでんの人気者

天候の影響などもありまして

ちょっとお値段お高めで推移しておりますけど

この時期になってくると 何となく食べたくなるのが


大根


だったりします

(  ´ω`)


ちょっと検索してみたら、10月は特に大根が
多く出回る頃との事。

春にも「春大根」が出回りますし、そもそも一年中
みかけてはいるのですが、やはりこの時期くらいから
大根の活躍の場は広がっていきますね。

甘味が増していって、煮物系にもバッチリ。


何と言っても「おでん」がサイコー♡


漢方・薬膳の考え方だと、大根は「寒・涼」に属し
夏なら大根サラダや大根おろしで『体を冷ます』のに
適しています。

秋冬の時期には、大根に熱を通す事で秋冬に適した
食材に変身!

寒い時期に停滞しがちな『気』の循環を良くするという
効果はそのまま。
体を冷ます(冷やす)働きは弱まるのでオッケー。

これからの季節は『大根は加熱』で行きましょうねー。

おでんやふろふき大根、味噌汁の具にしてもヨシ。
煮物に入れたりゴマ油で炒めてみたりと
積極的に取り入れましょう。

秋に弱りがちな『肺』も滋養してくれますので
ちょっと喉が怪しいなー
咳が出るんだよねー
喘息持ちだし……などの皆さまも、是非。

2018年10月24日水曜日

ロコモ

ご多分に漏れず サプリ系が好きな我が家の長老

最近はこちらをご愛用のようです

ご使用をお勧め!とかではございません






















見つけた相方が

「ロコ……?」

と不思議そうに言いましたので

よしきたとばかりに


ロコモティブ シンドローム予防のために
 とか言うてるヤツやわ」

「ロコモティブ シンドロームってのは
 運動器症候群な
 運動器が障害されて動きにくくなって云々」

「運動器ってのは 筋肉とか関節とかの事な」

「そのまま行くと寝たきりになる確率高し」

日本整形外科学会が提唱しとる」

「イマイチ浸透しきってへんねんけどな」


たてつづけに説明したら

「……ふーん」

と、最後には完全にパンクしておりました


( ´_ゝ`)...マニアデゴメンネ


2018年10月22日月曜日

大阪・旭区で顔ヨガを

お世話になっている、鍼灸師のタサキ先生。

実は、顔ヨガのインストラクターでもあります

ヾ(*´∀`)ノ


そしてこの度

「来年から顔ヨガの講座するよ〜♪」

と教えていただきました。


体だけじゃなく、顔にもヨガ。

お顔が10歳若返るって

めっちゃ魅力的ですやん!

(*´ω`*)

いただいたフライヤー♪



































お仕事をされている方も嬉しい、夕方〜夜の開催。

1月スタート、3月完了ですから

春先の歓送迎会やイベントなどなどで

「あれ?何か若返ったね?!」
 「前より活き活きしてるよね!」

と、周りに驚いていただこうじゃありませんか♡


開催場所になっている旭区民センターの中には

大阪市立芸術創造館(略して「げいそう」とか言ってます)もあり

楽しい催しや活動が活発に行われているところ。


そんなクリエイティブパワーあふれる場所での自分磨き、
いかがですか?!(´∀`)




















@LINEのQRコードもついてました。
ご興味を持たれた方は、是非〜♪

2018年10月19日金曜日

塗料とかボンドとかに反応

おそらく
シックハウス症候群という部類なのでしょうけど

新築の家の壁紙などを貼るのに使うボンドとか
外壁塗装のペンキとか

そういうものに含まれる成分に
速攻で反応する体質になってます
 (かれこれ20年)


「シックハウス対策してますよ」という材料を使っている場所では
確かに反応は出ないので ほぼ間違い無いかなと思ってます


強烈なところでは3分と滞在出来ないけど
うっすらとしてるところなら 目がシバシバするくらいで
なんとかなります(出来れば避けたいけど)


その成分が微量でも反応してしまうので
ある意味

自分が成分検知器

みたいな事になるのですが


濃度測定能力は無いので

世間の役にはたてそうにない体質

(´Д` )


新築の部屋に入って

「ここはトルエン0.01ppm!

とか分かったら すごいんですけどねー

(とは言え率先してやりたくはない)

2018年10月17日水曜日

イメージだけでやってても

バイオリン教室 第2回が近づいてきました

 ( ゚д゚; ) アセッテオリマス


教室は月2回なので
やっぱり 自主練が大切なわけですが

一人ではなかなかペースが掴めないなあ
という感が否めません


音も安定しないぞ困ったなと思いつつも

とりあえずギコギコ練習してましたら

相方から指摘が入りました

「弓の角度おかしいで」


それか!(>_<)


テレビやら何やらで見たことのある
バイオリニストさん達の姿を脳内に思い浮かべ
しっかりイメトレはしていたんですけど

基本も何も無しでイメージだけでやっていても
綺麗な音は出ませんね


全くもって整体も同じ
そうでしたそうでしたよと 15年前を思い出しておりました

2018年10月14日日曜日

おかげさまで

昨年度から放送大学で学んでいますが

その一つの理由がこちら























科目群履修認証制度というもの。

この度おかげさまで「生命人間科学」のコースで

認証をいただきました


(*´ω`*)


ひとまず やれやれです


学べば学ぶほど 知らない事が増えていって

どんどん面白くなるって 本当ですわ


ああ この面白さを伝えたい……!!

ということで、これからも宜しくお願い致します。

2018年10月12日金曜日

天気予報の人がしつこく言うので

今年の台風ブームもほぼ去り

まさに一雨一度の時期

(  ´ω`)


室内でも素足では冷たさを感じ始め

寝る時に掛けるものが

タオルケットから夏布団、さらにフリースブランケットと来て

今はすっかり それらの合わせ技


今週は 天気予報を見る度に 気象予報士さんが

本格的に衣替えをしましょう

衣替えをおすすめします

衣替えに絶好のチャンス

などとしつこく連呼してはったので

サクッと 冬の前段階の装備を出しました


インナー以外の半袖は しばしのお休みです


先日 朝起きたら喉がとてつもなくカラカラになっていて

危うく風邪を引きかけました(迂闊)


だいぶんと空気の乾燥も進んでいますのでね

喉粘膜の保護、大切ですよー

2018年10月10日水曜日

イブプロフェンからの展開

痛み止めは 出来ればあまり飲みたくないけれど

痛みを我慢していても結局何も出来ないし


という事で 我が家にも鎮痛薬は常備されています


相方のほうが使う頻度は高いので

チョイスは彼にお任せしておりまして


どうもアスピリン系は合わない
それよりはイブプロフェンのほうがよろしい
(いわゆる有効成分)


という事で 現在は

イブA 




















こちらがメインなんですね


ところがある日の相方

出先で
「あーこれは痛み止めが……」
となって 携帯薬ケースを開けてみたところ

まさかのお薬在庫切れ。


幸い 近くにドラッグストアがあったので

「いつものは無いのか……せめて、イブプロフェンが入ってるやつを」

と 無事に薬を購入して事なきを得ました



……という報告が しばらくの後にあった訳なんですけど


「そん時に買った薬がコレなんやわ」

アダムA






















相方「商品名、結構ひねっとるやろ」

並べると……














そのイブじゃねーよ!

と全力でツッコミましたけど


まあ 確かに「頑張って名付けたんかな」
思えるネーミングではありましたね

( ´_ゝ`)

2018年10月7日日曜日

不整脈なオトシゴロ?

40過ぎてから不整脈に気付いた祐岳谷です

( ´_ゝ`)


その何年か前には 相方が不整脈を指摘され

近所の循環器内科の医者にかかり

そこで


「アブナイ不整脈」
「放っておいても大丈夫な不整脈」がある


というのを知りました


さて自分のはどうですかね
検査してもらえるなら 一度しておきましょうかね

という事で

ホルター心電図というのをやったのが
かれこれ4〜5年前でしょうか

健康診断とかで心電図をとる時に体にくっつけられる

「電極」

あれをいくつか胴体に貼り付け
心電計本体を持ち歩いて約24時間


一番かぶれにくいというテープを使ってくれましたが

バリバリにかぶれたという苦い思い出


(´Д` )


結果は「期外収縮」(きがいしゅうしゅく)という種類で

回数もそれほど頻繁には起こっておらず

これは「放っておいても大丈夫」な不整脈との事


以来 適当に期外収縮とつきあっておりますが


人体っていうのは 半世紀も使い続けていると

同じような微妙な不具合を出しやすくなるのでしょうね


同級生とか同世代とかの皆さま

会えば4人に3人くらいの勢いで


「最近 不整脈がねぇ〜」


という話題になるので

もう驚きを越えて 笑いがこみ上げそうに


そんなオトシゴロという事なんでしょうか


どなたさまも しんどい時はペースダウンで

のんびりゆっくり やってくださいね

2018年10月5日金曜日

選手交代

今週は 月一度の漢方受診がありました


今回 お医者さんは

「もう涼しくなったから 冷ます漢方は要らないね」

という事で、名脇役の漢方をチェンジ


まだ台風の影響で真夏日予報とか出たりしますけど

基本的には すっかり秋の気温になってきてますし

実際 夜なんかは靴下を履いてないと「寒ぅ……」と
感じる事も増えてきてますんで むべなるかな

左「清暑益気湯」→右「補中益気湯」へバトンタッチ






















「清暑」益気湯(せいしょえっきとう)から

「補中」益気湯(ほちゅうえっきとう)に


選手交代 バトンタッチ


「清暑」はその名の通り 暑さをさまし

「補中」は 三焦の内の「中」焦の気を補い温める

「中焦」は まあ、ざっくり言うたら「お腹」です


 そうして体の元気を出す=益気という訳ですね


これでこの秋冬も病気知らず風邪知らずで参りたいものです

(  ´ω`)

2018年10月3日水曜日

ずぼらと反復練習

バイオリンというのは
思った以上に

手間がかかり
世話のやける

楽器やなと気付いた祐岳谷です(遅い)


だからもうイヤになったとか
そういう事はありませんけど


むしろ


こうした事を「手間」「世話」と思ってしまう
自分のズボラさが浮き彫りにされるというか

ズボラさが際立っております

練習を始めるまでの手順
練習を終えてからケースに戻すまでの段取り

まだまだバイオリンを弾くとか言う以前に
これがオオシゴトで

( ´_ゝ`)


「あー○○し忘れた」
「△△ってちゃんと直したっけ」

ケースを開けては閉め
閉めてはまた開ける

これらも練習の一環と心得て
ひたすら繰り返して
無意識でも出来るようになるしかないですね


車の運転も
教習所に通っている頃は

「シートベルト」
「後方確認」
「ウインカー出す」云々

いちいち意識しないと出来ません

習うより慣れろとは言ったものです

「毎度毎度面倒くさいなあ」と思わなくなるところまで
ひたすら反復練習 反復行動

アゴはアゴ当てにのせるのですぞ
(何故かバイオリンの右側にのせて相方に爆笑される)

2018年10月1日月曜日

10月スタート

9月は なんだかんだ言っても
のんびりさせて頂いておりましたが

10月に入って 2018年度後半スタート



















放送大学も 新しく2教科学びます

間違い無く化学がヤバイですが
がんばります



それと同時に始まりました


















バイオリン 超入門コース


先月 体験レッスンを受けて

弓を動かせば音は出る

という事は分かりました



ただ 整体で
バイオリンをやってはる人の体を
触らせて頂いた事が何度かあって

その時に

バイオリンの持ち方とか
弾く時の姿勢とかの基本を
正しく覚えないと
体を傷める事になりかねんな!

という印象を持っていたためか

正しく持たねばという気合いが入りすぎて

まず「弓」の持ち方でつまづく祐岳谷


先生
「中指をここに〜
 反対側に親指で〜
 人差し指は〜……」


人差し指あたりで「むぐぐ」となります

確かに 関節全般固めボディの私ですが
手関節指関節それは固まりすぎやでと思うくらい
手指が曲がりません

……いずれ慣れるのでしょうか


(´∀`;)



左手の指は弦を押さえる
右手は弓を動かす

という役割分担は 体験レッスンのお陰で
ちょっと 体(小脳とか)が理解してくれました


ですが 次に起こった不思議な現象

先生
「弾いてるうちに顎が上がっていってますよー」


なぜかじわじわと仰け反ってました

( ´_ゝ`)


「バイオリンは 肩と顎で持つのです」

これを脳にインプットしないといけませんね☆