2019年1月17日木曜日

日々実感してるんですけど

思い返すに ワタクシは

謎のブツブツ&痒みが皮膚に出やすいのですけども

この冬 棚で眠っていたボディ用クリームを

足に塗るようにしたところ

足のブツブツ・痒みが出にくくなりました

(  ´ω`)


つまりは 保湿ですね やっぱりね

自力では必要な保湿が出来なくなってるという

だから外から潤いキープをしてあげないとアカンという


今更ながら 保湿の偉大さを日々実感しております
(ちょっとだけマメになりました)

2019年1月14日月曜日

二十歳頃の思い出と言えば

実は 成人式に出ていない祐岳谷
なので「二十歳かあ〜」という感慨に浸った思い出がありません


青春は謳歌したのでそれで良いとか思ってます

(  ´ω`)


個人的に

二十歳前後でのインパクトあった出来事と言えば

ベルリンの壁崩壊です(歴史)


その数ヶ月後に旅行と称して
真冬のベルリンに行きましたよ


「やってみる?」とハンマーとノミを手渡され

ベルリンの壁を剥がそう(というか砕こう)としましたが

その目的から言えば当然の固さにギブアップしました


そうしたらその人が
目の前で ハンマーを使って砕いてくれましてね


採れたての 壁の欠片と

ホッカ○ロを物々交換したのは

良い思い出です


 何十年経っても色褪せない
そんな鮮烈な思い出 経験を
どんなジャンルでも良いから
持てると 良いんじゃないかな〜とか

オバチャンは思うのであります

新成人の皆さま おめでとうございます
ヾ(*´∀`)ノ

2019年1月12日土曜日

困ったら 紙に書いてみる

自分も知り合いも 年齢的に「親の介護」世代に入り

互いに色々と話す機会が増えました


親子関係 人間模様は それぞれのお宅で異なりますけど

介護制度の使い方とかサービスの種類とかは決まってます


祐岳谷は そうした方面の経験値が少しはあるので

時々「親の介護な世間話」が「介護相談」に

なんとなく移行していく場合もありまして

(  ´ω`)


制度やサービスの使い方については
ヒントを差し上げられる事もあるので
そうした助け船を出せるところは 出して差し上げたい



ただまあアレですよ

介護サービスは

本人さん家族さんの

「介護について『困っている』部分をフォローしていく」

ものなので

本人さん家族さんが

「何に困っているのか」
「自分達では何が出来ないのか」

を ケアマネさんに伝えるところから だと思うんですね



介護をしていて(される側も)
困ること 戸惑うこと 色々あると思います

特に最初は
何が困る事なのかもハッキリしないかもしれません


でもそれを 頭の中で

あー困った あーどうしよう でもどうすれば

と考えているだけでは ぐるぐる同じところを回るばかり


オススメしたいのは とにかく

困っている事を紙に書きだしてみる事です。


その時に

「こんな小さい事で困ってるなんて言って良いのか」とか

「自分よりもっと大変なお家も沢山あるのに」とか

考えないでくださいね!^_^


いったん紙に書き出してみると

考えを整理するヒントにもなりますし

ケアマネさんが介護サービスの組合せを考える時の
参考にもなりますよ

何なら がーっと書き出した紙を持って
ケアマネさんに相談に行っても良いのです

本人さんや家族さんが『困っていること』が見えれば
ケアマネさんも相談に乗りやすいはずです


全てが介護サービスで解決できるとは限りませんが

まず介護サービスで解決できる部分を解決してから

残りの部分をどうするかは 改めて考える

そんな事も 出来るようになります


困っていることが減れば
色々考える余裕も出て来ようというもの


餅は餅屋
介護は介護のプロ


上手に利用して
それぞれの生活を 大切にしてほしいなと思っております

2019年1月10日木曜日

どっちかな

わが家の長老は
ご多分に漏れず 健康オタクです

( ´_ゝ`)


サプリや健康食品は積極的に試すほうの人でして

周りがアレコレ規制するのも不満が溜まるでしょうから

あまりにもトンデモナイものでなければ 本人の自由で

どうぞどうぞというのが 祐岳谷宅の方針


しかしまあ
稀に食品被害一歩手前の事態を
招く事がありまして

それだけがヒヤヒヤいたしますね


直近では 某キノコ系健康食品

「ちゃんと熱を通した食べ物に混ぜて食すべし」

という取説だったそうです



夕食と翌日の朝食で 汁物に混ぜて食べたら


吐き気
嘔吐

やらかしました


(´Д` ) モウホンマ タノミマスヨ....


キノコ系は 加熱必須の食材
生とか 生煮えとかはNGです


今回のは 生煮えだったことによる
食中毒のような気もしますが

もしかして:アレルギー

という可能性も捨てきれないなあと言う事で


本人に一通り説明したら

「せやな、もう食べへんわ」

と言ったので ひとまず安心はしております


しかし

キノコは しっかり火を通したら大丈夫やて……

ボソッと言った一言に

一抹の不安を拭い去れない今日この頃


(早よ捨ててくれと願うばかり)

2019年1月8日火曜日

雪の中を定刻までにグッドコンディションで辿り着くところから試験は始まっている

昨日が小寒という事で

「寒の入り」になりました


ネットニュースやツイッターなどを見ていると

順調(?)に インフルエンザが流行している様子


健診に行った 近所の病院も

「病棟でインフルエンザ発症ありました」

と 面会制限の貼り紙がありましたのでご報告


(  ´ω`) ビョウインカンケイシャサン タイヘンデスネ



さて 毎年出て来るご意見に

「試験をこの時期にするのやめようや」

という類のものが ございます

この場合の試験の代表とくれば

そうですセンター試験


日本海側や北日本のあちこちでは

大雪にみまわれる事もたびたびの この季節

試験会場に辿り着くのが 当日の第一関門

公共交通機関ガンバレと言うても

人間は自然には勝てないのです



インフルエンザもそうですけども

近年 世間を賑わすノロウイルスも冬が活躍の場

まさに今の時期です ジャスト・ナウ


ウイルスと来れば他にもいろいろ

ロタウイルス風疹ウイルス

「りんご病」なんてカワイイ名前がついてるけれど

正しくは伝染性紅斑 こちらはヒトパルボウイルスB19

たくさん流行ってますよ 人混み要注意

て言うか

そんなトコには行くな

が正解ですよね 受験生のみなさん


寝食を惜しんで勉強に励んでも

そのせいで体力低下なんぞしていたら

ウイルス攻撃をまともに喰らい

試験そのものが受けられません


試験当日に高熱が出て

「いやしかし 今日が運命の日……!!」

と無理をおして受験しても

実力の1/10も出ないでしょうし

受かったとしても その後で肺炎とか起こしたら

もう春まで大変


何より

何百何千の受験生が集う試験会場で

ウイルスをばらまくワケなので

パンデミックの予感しかしない



雪の中を定刻までに
グッドコンディションで試験会場に辿り着く

そのための準備を怠らないところから
試験は始まっているのです 


受験生各位のご健闘をお祈り申し上げます

(`・ω・´)

2019年1月6日日曜日

トライ・ザ・脱力

年が明けてからも
マイペースにバイオリンをギコギコ練習してます

( ´_ゝ`)


月2回×30分のレッスンだけでは
上達するものもいたしません
大切なのは やはり自主練という事で

でもまあ今は良い時代です
ネットで検索すれば
バイオリン練習のコツなども沢山
それも動画付き


どんな事にも通じますけど
最初は 無駄に力が入ります

レッスン初日

「どんどんアゴが上がっていってますよ」

と指摘されたのは忘れられません
(なにゆえ)


整体を習った時も そうでした

力まかせにぐいぐい押すと 痛いだけ
相手もしんどい 自分の手指もしんどいばかり

技というのは 良い具合に力が抜けてからがスタート


弓も別にぎゅーっと持たなくても良いんですよ
弦も力んで押さえ込まなくても良いんですよ

なるほどそうだよね

やっぱり 上手に脱力しないと疲れるばかり


と言う事で まずは弓を持つ右手の脱力練習です

こちらは まだやりやすいかな
コントロールが甘くなるから まだまだやけどな


次に弦を押さえる左手の脱力練習

弦は指でぐいぐい押さえ込まなくても
軽く載せるくらいの感じで音程は変わるとの事

ところがこれが思いの外 難しくてですね

左手の無駄な力を抜こうとしても
右手の力ばかりが抜けていき

「すー」とか「きー」とか 悲鳴のような弦の音

またもや脳が笑い出したところで
この日の自主練終了と相成りました

(´Д` )


継続は力なり
脱力も力なり

2019年1月4日金曜日

足首を冷やさない

体の部分で「しっかり保温する」べきところは

「くび」のつく部分だと申します

首に手首に足首そして腰首(こしくび)


寒さ対策で まずは皆さま

首はマフラーなどでカバー

手首は手袋

腰〜おなか周りは勿論ガードしますし
何なら貼るカイロも出動しますね


さて 4つの「くび」の内
ついつい守りが甘くなるのが

足首

ではないでしょうか


年を重ねる毎に 「冷え」に敏感になってきました祐岳谷
 
自宅では なんちゃってレッグウォーマーも使いますけど

問題は外出時

アレで外出は相当憚られます

でも厚手ソックスだと靴が履けません

もしかして90年代にギャルたち(死語?)に流行った
ルーズソックスが 寒さ対策にもうってつけかも

とか思ったりしますが

Gパンを履くのにそれもちょっとどーかなと
 


という事で 今回の初詣では

足首ウォーマー

なるものを コッソリGパンの下に装備しました


着圧ソックスの上から こんな具合ですね

Gパンを下ろして立ち上がれば
周囲からは見えません

( ´_ゝ`) イチオウ ミバエヲ キニスルノヨ...


近所のスーパーで昨年末にゲットした
足首ウォーマー(半額セール

これだけで 確かに「寒いなあ」という感覚が
かなり緩和されますので

足首を冷やさないようにするのは
やはり 有効な寒さ対策です

2019年1月2日水曜日

元日はプチエステ

今年も宜しくお願い致します。

……元日の恒例行事

「近くの氏神様への初詣」も無事に済ませまして

帰宅後 相方が

「カカト、ちょっと削ってほしいねんけど」


という事で 正月早々プチエステを致しました


体のバランスにクセのある相方

一番角質層が厚くなってるのは 右踵の外側


久々に登場の フットケア用やすり

粗い目のほうは滅多に使いません

細かい目のほうで じわじわ様子を見ながら削っていきます


幸い 角質層が厚くなりすぎてひび割れて……という事は無く

寧ろ私の踵よりキレイやんけという程度でしたので

それほど時間もかけずに終了しました


一気に削り過ぎても 良いコトありませんのでね

のんびり時間のある時に
テレビをつけながらのプチエステも
気持ちがさっぱりして よろしいですよ
(´`*)