2019年1月8日火曜日

雪の中を定刻までにグッドコンディションで辿り着くところから試験は始まっている

昨日が小寒という事で

「寒の入り」になりました


ネットニュースやツイッターなどを見ていると

順調(?)に インフルエンザが流行している様子


健診に行った 近所の病院も

「病棟でインフルエンザ発症ありました」

と 面会制限の貼り紙がありましたのでご報告


(  ´ω`) ビョウインカンケイシャサン タイヘンデスネ



さて 毎年出て来るご意見に

「試験をこの時期にするのやめようや」

という類のものが ございます

この場合の試験の代表とくれば

そうですセンター試験


日本海側や北日本のあちこちでは

大雪にみまわれる事もたびたびの この季節

試験会場に辿り着くのが 当日の第一関門

公共交通機関ガンバレと言うても

人間は自然には勝てないのです



インフルエンザもそうですけども

近年 世間を賑わすノロウイルスも冬が活躍の場

まさに今の時期です ジャスト・ナウ


ウイルスと来れば他にもいろいろ

ロタウイルス風疹ウイルス

「りんご病」なんてカワイイ名前がついてるけれど

正しくは伝染性紅斑 こちらはヒトパルボウイルスB19

たくさん流行ってますよ 人混み要注意

て言うか

そんなトコには行くな

が正解ですよね 受験生のみなさん


寝食を惜しんで勉強に励んでも

そのせいで体力低下なんぞしていたら

ウイルス攻撃をまともに喰らい

試験そのものが受けられません


試験当日に高熱が出て

「いやしかし 今日が運命の日……!!」

と無理をおして受験しても

実力の1/10も出ないでしょうし

受かったとしても その後で肺炎とか起こしたら

もう春まで大変


何より

何百何千の受験生が集う試験会場で

ウイルスをばらまくワケなので

パンデミックの予感しかしない



雪の中を定刻までに
グッドコンディションで試験会場に辿り着く

そのための準備を怠らないところから
試験は始まっているのです 


受験生各位のご健闘をお祈り申し上げます

(`・ω・´)